<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 総赤身柾目のまな板

 

 

 

樹齢250年、いちょうの大径木です。

 

 

 

 

 

 

 

両側で巾広厚盤をとり中盤で総赤身柾目をとります。

 

 

 

 

 

 

 

末に節はありますが、とてもきれいな良質材です。

 

 

 

 

 

 

 

ここから板材と盤、2枚とります。

 

 

 

 

 

 

 

ここから中盤を挽き割り、板取りと柾目取りの両方挽きます。

 

 

 

 

 

 

 

板巾90センチあります。

 

 

赤身が張ってこれぐらい巾がないと総赤身柾目のまな板は取れません。

 

 

 

 

 

 

 

中盤の柾目どりの板を木取りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高ランク品質、五つ星のいちょう総赤身柾目のまな板が取れました。

 

 

 

年間で数十本の銀杏原木を製材しますが、滅多に取れない最高峰のまな板です。

 

 

| - | trackbacks(0) | 18:00 | category: 原木製材 |
# 波止の半夜釣り

 

 

 

近場の防波堤から半夜釣りです。

 

 

 

 

 

 

 

時化が多い真冬の日本海でも安全な釣り場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超遠投で沖合のデンキウキにアタリが出るのを待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

マダイ49センチ。

 

 

 

 

 

 

 

別日の釣果でメバル22センチと26センチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メバル29.5センチとマダイ46センチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マダイのタネはありますが大ダイがなかなかあたりません。

 

 

暖冬で穏やかな日が多くなってきたので今月から磯釣りに切り替えます。

 

 

| - | trackbacks(0) | 15:54 | category: 釣り |
# 銀杏巨木製材

 

 

 

銀杏巨木の製材です。

 

 

胸高周囲3.4メートルの巨木です。

 

 

 

 

 

 

 

台車にすべて乗りきらないため片側を大型チェンソーで少し挽き落としてから製材します。

 

 

 

 

 

 

 

重量があるためスムーズに分出しできるよう原木の下の接地面の皮を剥ぎ取って製材します。

 

 

 

 

 

 

 

 

板巾60センチ以上で厚さ18センチの特厚の盤をとります。

 

 

 

特別なサイズのオーダーにも対応できるよう、テーブルのような超特大のまな板も作っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

芯去り、厚さ18センチ裏無地で取れました。

 

 

 

 

 

 

 

木ウラの末で90センチ巾あります。

 

 

 

 

 

 

 

次はテーブルサイズのまな板も取ります。

 

 

 

 

 

 

 

板巾90センチ以上です。

 

 

 

 

 

 

 

手前17センチと18センチの厚盤です。

 

 

 

 

 

 

 

巨木なので盤がたくさん取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

中盤と外側の盤はカットして業務用の大型まな板にします。

 

 

 

 

 

 

 

柾目巾50センチの業務用のまな板材です。

 

 

 

 

 

 

 

90〜100センチ巾の巨大なまな板用ですが、無節なのでテーブルにも使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枝打ち材で歩留りの良い原木でした。

 

 

年月はかかりますが、すべて自然乾燥させます。

 

 

| - | trackbacks(0) | 18:55 | category: 原木製材 |
# ねこの日

 

 

 

2月22日はネコの日です。

 

 

家で3匹と工場で1匹、飼っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

じーちゃん。

 

 

だいぶ年寄りになりましたが、ぼちぼち元気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

にゃんたば。

 

 

長年体調を崩すこともなく、とても飼いやすい猫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

いなり。

 

 

フサフサの毛で抱き心地が良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場で飼っているビエンです。

 

 

 

 

 

 

工場に来てもう1年半ぐらいになります。

 

 

 

 

 

 

 

寒い冬に入る寝床です。

 

 

底面に断熱材を敷いて外周部は敷物で覆い防寒ジャンバーでくるんで暖かくしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

アンモナイトのような形で寝ます。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 12:17 | category: |
# 厳寒期の銀杏原木買い付け

 

 

 

今年も厳寒期の銀杏原木を買い付けました。

 

 

すべて業務用・家庭用のまな板にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀杏の巨木も仕入れました。

 

 

 

 

 

 

 

60〜90センチ巾の厚盤のまな板や柾目巾50センチのまな板をとります。

 

 

 

 

 

 

 

末口でも96センチぐらいあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸高周囲は3.4メートルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の銀杏原木です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通直な銀杏を製材しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期に製材して自然乾燥させると白太は純白のまな板ができます。

 

 

 

海は大時化が続いて釣りに行けないので、製材作業に集中します。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 10:06 | category: 原木製材 |
# 真冬のマダイ釣り

 

 

 

昨日の夜釣りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

真冬の島根半島は時化の日が多く、磯にはなかなか立てません。

 

 

防波堤での釣りが多くなります。

 

 

 

 

 

 

 

この時期は、浅場から夜釣りの遠投でマダイを狙います。

 

 

 

 

 

 

 

 

100メートルの遠投のため、小三点仕掛けのウキはロケット型の自作ウキです。

 

 

 

オキアミを詰めたカゴウキの重さが150グラム以上のため、竿はフルスイングでも折れない石鯛竿を改造して使っています。

 

 

 

 

 

 

 

PEラインで糸フケも含めて11色(110メートル)ぐらい飛ばします。

 

 

 

仕掛けは、ハリス10号、ハリはフカセマダイの13号です。

 

 

 

 

 

 

 

4日前の釣果、マダイ40センチ。

 

 

胃の内容物は、小さめのバフンウニを丸ごと食べていました。

 

 

 

マイポイントの海域では、日が暮れて岩陰から這いだすバフンウニを食べに浅瀬に入ってくるマダイを狙います。

 

 

 

バフンウニを食べるマダイが入ってきているようだったので、昨晩もチャンスと見て釣行しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

マダイ73センチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

2月は時化の日がほとんどですが、凪になったらまた夜釣りに出かけてみます。

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 11:23 | category: 釣り |
# 本桜(山桜)製材

 

 

 

本桜(山桜)の製材です。

 

 

地元産で伐り時の良い厳寒期伐採の本桜です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本桜クサビを製作します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場敷地で10年間保管していた樹齢200年の本桜のシャレ木も製材します。

 

 

 

 

 

 

 

長材なのでチェンソーで3つにカットします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10年間敷地で雨ざらしでも赤身はきれいなままです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成です。

 

 

倉庫内で3年間ぐらい自然乾燥させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

5千個、作りました。

 

 

あと1万5千個、製作します。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 12:18 | category: 原木製材 |
# まな板削り直し

 

 

 

まな板の削り直しです。

 

 

 

削り直し工程

表面・裏面、両面プレーナー加工の後、仕上げ加工。

両側面、プレーナー加工の後、仕上げ加工。

両端の木口、数ミリカットの後、研磨仕上げ。

全面のカドの面取り加工。

 

 

家庭用まな板は、工賃1000円です、工場持ち込みも対応します。

 

 

 

 

 

 

 

 

本かや源平まさめ、削り直し後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀杏総赤身、削り直し後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本かや総赤身柾目、削り直し後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桧大型まな板、長期保管品の反り直しの削り直し後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本かや総赤身柾目、削り直し後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本かや総赤身、削り直し後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀杏総赤身、削り直し後。

 

 

 

 

削り直しすると新品のようにきれいになります。

 

 

 

銀杏、かや、ともに総赤身まな板は、3〜4年に一度、3〜5回削り直しできるので10〜20年と長らく使用できます。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 13:37 | category: - |
# いちょう原木16本製材

 

 

 

銀杏の原木16本を製材しました。

 

 

 

家庭用まな板に換算して800〜1000枚分ぐらいです。

 

 

 

 

 

 

 

他の作業との合間なので数か月間での製材です。

 

 

 

家庭用まな板の他、業務用まな板もたくさん取れました。

 

 

 

 

 

 

 

最近は銀杏原木の素材生産量が減少傾向のようです。

 

 

いつでも入手できる木材ではないので、地元産銀杏原木が出荷された際には買い付けるようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木に優しい自然乾燥でゆっくりと年数をかけて乾かします。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 10:28 | category: 原木製材 |
# 銀杏のまな板、初荷

 

 

 

今年、最初の出荷です。

 

 

年末から新年にかけてたくさんのご注文をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

今日だけで50枚の銀杏のまな板の発送です。

 

 

梱包と伝票の入力作業に追われています。

 

 

 

 

 

 

 

宅配の着日・時間指定のお届けが多く、発送伝票は正確に入力するよう気を付けています。

 

 

今月は200枚以上の発送となりそうです。

 

 

 

冬の日本海は時化が続き、釣りに行けそうもなく仕事に集中できそうです。

 

 

| - | trackbacks(0) | 18:17 | category: 銀杏(いちょう)・榧(かや)のまな板 |
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links