<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 穴あき黒柿を製材 | main | 本桜(山桜)製材 >>
# 新発売 石鯛ピトン用&アオリヤエン用本桜クサビ 写真入り使用解説

                      
                           国内産本桜クサビ使用例   



                       
           レギュラータイプ                                スリムタイプ




             ロング&スリム深穴対応






ピトン穴が小さくて桜クサビが入らない場合はハンマーの貝落とし部分で二つ割にしてピトン穴に挿し込みピトンを打ちます。




    

通常ピトンと岩の接地面は、ピトンと岩が変形しないためごく僅かな接地面で固定しています。
桜クサビを使用するとピトンと岩との間でクサビに大きな力がかかる部分は圧縮されて岩、桜クサビ、ピトンのそれぞれの接地面が大きな面積となるためピトンの固定力アップします。







ピトンがききにくい溶岩のへこみでも穴にいっぱい桜クサビを挿し込んでからピトンを打ち込むとうまく固定する場合があります。



溶岩のへこみでもうまく固定しました。(参考例)

桜クサビの衝撃吸収効果で実釣開始前のピトン打ち込みのカン高い金属音が軽減されます。
環境にやさしく桜クサビの衝撃吸収効果でピトン打ち込みの際の岩の破壊、崩れが軽減されます。



桜クサビ 裏技使用法 その1 
ピトン打ち込み穴がポイント方向に対して垂直な割れが全くなく縦方向の割れしかない場合の桜クサビを使用したピトン固定例


    
                                                                     縦方向の割れしかない場合のピトン固定例
桜クサビを3列きつくハンマーでたたいてきめしっかりとしたクサビの土台を作り中央にピトンを打ち込みます。(さらに2列増やすと安定度が増します。)                                                               
                             

                                 
                                                                         ピトンを打ち込んでから、さらに桜クサビの隙間に小さく割ったクサビをうちこみます。   
たくさん使用した桜クサビは持ち帰ってまた使用できます。



桜クサビ 裏技使用法 その2






ポイント方向に前かがみにしかピトンが打てず竿受け角度調節にて最大限上向きにしても竿の角度が水平より下向きの場合に桜クサビを1〜2枚かませて竿受けの角度を調節します。
この場合構造上強度不足のピトンの場合には角度調節ねじに負担がかかりますので、強度不足のピトンでは使用しないでください。


注、
ピトンクサビはピトン固定の補助材ですので完全固定を約束するものではありません。
当社、クサビ使用では自己判断での使用にてお願いしておりますのでクサビ使用でのトラブル等について一切の責任は負えませんのでご了承くださいませ。



当社工場にて島根県産本桜の製材作業の様子





柾目が良く通る様に僅かな曲がりもカットして直材にして製材します。    
色、木味、ともに良い本桜で品質の良い桜クサビとウキ材がとれました。
(クサビ材は約6ヶ月、ウキ材は約1年かけて自然乾燥させてから製品として出荷です。)



ガッチリ固定本桜クサビはホームページにて販売中です。

新型レギュラー・スリム・ロングのほか、お試しミックス

従来型徳用・レギュラー・スリム・ロング等、各種商品掲載!!!

ぜひご覧ください。

松村木材ホームページ

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:21 | category: 釣り |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.matu-taiju.com/trackback/8
トラックバック
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links