<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 波止の半夜釣り | main | 春告魚 >>
# 総赤身柾目のまな板

 

 

 

樹齢250年、いちょうの大径木です。

 

 

 

 

 

 

 

両側で巾広厚盤をとり中盤で総赤身柾目をとります。

 

 

 

 

 

 

 

末に節はありますが、とてもきれいな良質材です。

 

 

 

 

 

 

 

ここから板材と盤、2枚とります。

 

 

 

 

 

 

 

ここから中盤を挽き割り、板取りと柾目取りの両方挽きます。

 

 

 

 

 

 

 

板巾90センチあります。

 

 

赤身が張ってこれぐらい巾がないと総赤身柾目のまな板は取れません。

 

 

 

 

 

 

 

中盤の柾目どりの板を木取りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高ランク品質、五つ星のいちょう総赤身柾目のまな板が取れました。

 

 

 

年間で数十本の銀杏原木を製材しますが、滅多に取れない最高峰のまな板です。

 

 

| - | trackbacks(0) | 18:00 | category: 原木製材 |
この記事のトラックバックURL
http://blog.matu-taiju.com/trackback/426
トラックバック
最新記事
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links