<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いちょう原木16本製材 | main | 本桜(山桜)製材 >>
# まな板削り直し

 

 

 

まな板の削り直しです。

 

 

 

削り直し工程

表面・裏面、両面プレーナー加工の後、仕上げ加工。

両側面、プレーナー加工の後、仕上げ加工。

両端の木口、数ミリカットの後、研磨仕上げ。

全面のカドの面取り加工。

 

 

家庭用まな板は、工賃1000円です、工場持ち込みも対応します。

 

 

 

 

 

 

 

 

本かや源平まさめ、削り直し後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀杏総赤身、削り直し後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本かや総赤身柾目、削り直し後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桧大型まな板、長期保管品の反り直しの削り直し後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本かや総赤身柾目、削り直し後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本かや総赤身、削り直し後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀杏総赤身、削り直し後。

 

 

 

 

削り直しすると新品のようにきれいになります。

 

 

 

銀杏、かや、ともに総赤身まな板は、3〜4年に一度、3〜5回削り直しできるので10〜20年と長らく使用できます。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 13:37 | category: - |
この記事のトラックバックURL
http://blog.matu-taiju.com/trackback/419
トラックバック
最新記事
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links