<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 樹齢360年地杉巨木 テーブル製作 | main | 護摩焚き用肥松 多種サイズオーダー >>
# うなぎ屋さんの特大まな板

 

 

 

うなぎ屋さんから銀杏の特大まな板のご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

厚さ10センチの分厚いまな板です。

 

 

 

 

 

 

 

まな板を置く台の製作も依頼されました。

 

 

 

 

 

 

 

特大まな板の材料になる銀杏の盤を選別します。

 

 

 

 

 

 

 

倉庫からリフトで搬出して数年間自然乾燥させた盤を運び出します。

 

 

 

 

 

 

 

手前のカウンター用の盤でまな板を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

ご注文に合わせて長さをカットします。

 

 

 

 

 

 

製材機で両面平面加工の後、プレーナー加工します。

 

 

 

 

 

 

プレーナー加工済み、ここから仕上げ作業にかかります。

 

 

 

 

 

 

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つやつやのピカピカに仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まな板台の材料は、水に強く数十年腐らないアスナロでのご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

 

大半がアスナロの総赤身の材質です。

 

 

 

 

 

 

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

数百キロの荷重をかけても壊れない頑丈なつくりにしました。

 

 

 

 

 

 

 

まな板との接地面には滑り止めのゴムラバーを張り付けています。

 

 

 

 

 

 

 

台の上に特大まな板を置きぐらつき等ないか確認します。

 

 

 

 

 

 

 

ピッタリと吸い付くようにまな板が台に乗りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土用の丑の日まであと1か月、これから大活躍してくれるでしょう!

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 12:09 | category: 銀杏(いちょう)・榧(かや)のまな板 |
この記事のトラックバックURL
http://blog.matu-taiju.com/trackback/388
トラックバック
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links