<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マイ箸づくり やすぎ刃物まつり2018 | main | 工場、外飼いのビエン >>
# 銀杏総赤身まな板用、原木製材

 

 

 

樹齢250年の銀杏の巨木の製材です。

 

 

刃あたり水切れが格段に良くカビない、最高品質の総赤身まな板の板材をとります。

 

 

 

 

 

 

直径が100センチあります。

 

 

 

 

 

 

胸高周囲が3.3メートルの巨木です。

 

 

 

 

 

 

 

製材の台車に乗りきらないので原木を元前にして節ありの面をさきに製材します。

 

 

 

 

 

 

 

 

年輪の細かい赤身の張った面が出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

芯に近い柾目の部分です。

 

 

 

 

 

 

 

この部分で、極上の総赤身柾目のまな板が取れます。

 

 

 

 

 

 

 

半分製材したところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総赤身柾目のまな板材です。

 

 

 

 

 

 

 

源平まさめの極上もたくさん取れました。

 

 

 

 

 

 

木味が素晴らしく白太、赤身ともに乾きの早い材で最高。

 

 

目通りが良く葉節も少ない極上の材質でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬場に買い付けていた樹齢200年の銀杏の製材です。

 

 

 

これも総赤身のまな板をとります。

 

 

 

 

 

 

 

赤身の直径が60センチ以上あります。

 

 

これだけ赤身の張った原木はなかなか手に入りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良質の総赤身のまな板材が取れました。

 

 

 

 

 

 

中盤は総赤身の柾目と板目の両方をとりました。

 

 

 

白太と比較して赤身は乾燥に時間がかかるため、じっくりと数年かけて自然乾燥させます。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 11:54 | category: 原木製材 |
この記事のトラックバックURL
http://blog.matu-taiju.com/trackback/382
トラックバック
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links