<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ねこの日、にゃんにゃんにゃん | main | いちょうの中華まな板、総赤身まな板 >>
# 厳寒期の銀杏製材

 

 

 

厳寒期の銀杏原木の製材作業です。

 

 

 

 

 

 

 

木材の伐採に最適な真冬に伐採された原木を製材します。

 

 

 

 

 

 

長さ4メートル、直径60センチの銀杏です。

 

 

 

 

 

 

家庭用や業務用の大型まな板に製材します。

 

 

 

 

 

 

 

 

この銀杏も長さ4メートル、直径60センチです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木材に優しい自然乾燥で年数をかけて乾かします。

 

 

 

 

 

 

家庭用のまな板や飲食店の大型まな板に加工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

長さ4メートル、直径70センチの銀杏です。

 

 

 

 

 

 

 

樹齢280年でとてもきめの細かい材質です。

 

 

 

 

 

 

 

業務用巾広まな板や家庭用の総赤身まな板が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

長さ2メートル余りで直径60センチの銀杏です。

 

 

 

 

 

 

赤身が多く木味の良い銀杏です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数年間自然乾燥させてから、業務用のまな板や家庭用のまな板に加工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと7本、銀杏の原木を引き続き製材します。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 15:46 | category: 銀杏(いちょう)・榧(かや)のまな板 |
この記事のトラックバックURL
http://blog.matu-taiju.com/trackback/371
トラックバック
最新記事
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links