<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 地松巨木 座卓特注 | main | 業務用大型巾広まな板 特注 >>
# 樹齢550年 鏡板戸

 

 

 

8年前に買い付けて製材した樹齢550年の地杉、鏡板戸7枚のご注文です。

 

 

 

根元直径が2.7メートルあります。

 

 

 

 

 

 

 

大型チェンソーで挽き割りました。

 

 

 

 

 

 

同材の連続して製材した続き板7枚で総赤身の板巾90センチ、元玉の豪快な杢をご希望です。

 

 

 

 

 

 

テーブル天板用の厚さ2.5寸盤を4〜5枚に製材機でスライスします。

 

 

 

 

 

 

木工用ボンドを塗りパレットに盤を貼り付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう1枚も同様に貼り付けます。

 

 

 

 

 

良く接着するよう重しの材木を乗せ数日置きます。

 

 

 

 

 

 

ボンドが乾き盤が接着してから製材スタートです。

 

 

 

 

 

 

赤身巾が110センチあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

この盤は厚さ13ミリの巾広板が4枚と薄板が一枚とれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの盤は厚さ13ミリが5枚取れました。

 

 

 

 

 

 

 

鏡板と枠材は同一の材でのご指定です。

 

 

同材の原木2番玉の芯が近い目通りの良いテーブル材を枠材に加工します。

 

 

 

 

 

 

樹齢550年の巨木ですので板巾が150センチもあります。

 

 

 

 

 

 

これが巨木の2番玉です。

 

 

 

末口の直径が150センチ以上あり、これもチェンソーで挽き割りました。

 

 

 

 

 

 

 

片側の赤身の柾目巾だけでも60センチ以上あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

板巾が150センチもあり製材できないため二つに割ってから枠材に製材しました。

 

 

 

 

 

この樹齢550年の地杉巨木はとても人気がありテーブルや座卓、一枚板の鏡板戸に良く使用されています。

 

 

 

最近では樹齢300年以上の地杉巨木の木材市場への出荷生産が少なくなり希少材となりました。

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 10:51 | category: - |
この記事のトラックバックURL
http://blog.matu-taiju.com/trackback/368
トラックバック
最新記事
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links