<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 銀杏原木入荷 | main | 石鯛の釣果 >>
# 地杉550年 座卓兼用テーブル製作
























樹齢550年の地杉の天板を使ったテーブルの製作です。

























長さ1200ミリのご注文で、巾は広いところで950ミリあります。

























5年余り前に製材した樹齢550年の地杉巨木からとれた板をテーブルの天板に使います

























たくさんの天板材の中から、お客様のご希望の板を選んでいただきました。

板の両面を平面にするため修正製材をします。

























平面に加工してご指定の長さにカットしました。

























平面を滑らかに仕上げ加工します。

























さらにうづくり加工をします。

うづくりは通常は荒目だけですが、艶が良くなるように仕上げの細目もかけます。

























うづくり加工をするとキズがつきにくく目立ちが良くなりパッチリとした杢目が出ます。

























手触りも格段に良くなります。

























塗装はヒマワリからとれた自然素材のオスモカラーを塗ります。

























脚はお客様のご要望で、横にすると座卓にも使えるタイプです。

























座卓仕様にした場合の脚です。























平らなフロアで設置して写真撮影です。

























天板は樹齢550年の巨木ですので良い杢がでます。



















































色・艶・杢も良いテーブルに仕上がりました。


























今回もヤマトの家財便さんに運送をお願いしました。


納品後、お客様からは一生もののテーブル、との嬉しいメールをいただきました。

 
| - | trackbacks(0) | 15:33 | category: 座卓とテーブルの納品 |
この記事のトラックバックURL
http://blog.matu-taiju.com/trackback/250
トラックバック
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links