<< April 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 石鯛魚拓 出雲市役所 一階ロビーに展示 | main | 本桜(山桜)4m直材良質丸太 玄関框、敷居、製材 >>
# ケヤキ丸太製材
 
ケヤキ大径木 胸高周囲 約2、8m 製材

末口の三つ又の広いところで約1250ミリあります。

近年、時たま見かけるのですが伐採技術の未熟な方による根株の裂け,割れ、の材があります。
今回のケヤキも中心部の抜け、外部まで続いた割れが数箇所あります。
長年風雪に耐え生き抜いた木をもっと大切に扱って伐採してほしいものです。

片側約半分は割れがありませんので無地の材がとれます。
厚さ45ミリに挽きます。

色あいの良い赤身で木味も良好です。狭いところで600ミリ巾ぐらいです。
書院板材、げた箱天板、テーブル材、等にします。
厚さ60ミリに挽きます。

巾が広くなり約700〜1000ミリ巾ぐらいです。敷込み板、テーブル材、等にします。
厚さ75ミリに挽きます。

約800〜1100ミリ巾です。根元部分に少し割れがでてきたのでカットして長さ1500ミリ使いのテーブル材にします。 
厚さ75ミリに挽きます。

反対側は元前にして製材しました。
根元から1000ミリぐらいまで割れていますので厚さ60ミリに挽いてカットします。

枝の腐れは大方なくなり巾も約800〜900ミリぐらいになりましたので割れをはずして長さ約1500ミリのテーブル材をとります。
厚さ75ミリに挽きます。

長さ1500ミリ、約900〜1000ミリ巾のテーブル材です。
厚さ80ミリに挽きます。
その次の板は長さ約1200ミリの厚さ75ミリの板です。

大きな割れがありましたがまずまずの分どまりです。
木口に割れ止めを塗り倉庫にて長期間自然乾燥です。

その他、こんな面白い板がとれました。

一般的に良材は分とまりが良く端材はあまりでません。
今回は良い材でしたが、割れのため長さをカットした部分で柾目の端材が沢山とれました。
| comments(1) | trackbacks(0) | 23:17 | category: - |
コメント
はじめまして。高知県の(株)益製作所と申します。
弊社は移動式製材機【工場据付可能】及び変速機・減速機・増速機の製造を手掛けております。

弊社の製材機は高知県の林業家 山中宏男 氏【林野庁長官緑化功労賞を受賞】より技術指導を受け、長年の林業経験から試行錯誤して考案された高精度の製材機であり、安全性においても労働監督署より、「労働安全衛生法規格適合品」を受けております。
また、当製材機は高知県地場産業大賞地場産業賞および高知エコ産業大賞アイデア賞を受賞。

当製材機は丸鋸で1日の製材能力は10石(約3&#13221;)で製品歩留まりは約80%以上。
原木の直径が約40cm・長さ6m・重量350kgまで製材可能です。
1cm位の面木・三角挽など多機能性があり、1軒の建築に必要な建築木材全てを当製材機で調達可能。

現在、県内外の官公庁・森林組合・林家・NPO組織などから注文・問合せを頂いております。

ぜひ、弊社の製材機をご覧いただき、間伐材の有効利用など木材の普及に役立てて頂ければ幸いです。
なお、当製材機については弊社ホームページでご覧いただけますが、カタログおよび製材実演DVDも御座いますので、御請求頂ければ無料で送付させて頂きます。
| 株式会社益製作所 | 2011/08/23 3:16 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.matu-taiju.com/trackback/23
トラックバック
最新記事
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links