<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 琥珀のような箸材 | main | ショッピングセンターラピタ本店 展示販売 >>
# 地杉巨木550年 総赤身ダイニングテーブル






















地杉巨木樹齢550年の総赤身のダイニングテーブルの特注オーダーです。























今までご使用になっていたダイニングテーブルと同様のサイズでのご注文です。























胸高周囲7メートルの地杉巨木を製材してとれた数十枚の原盤の中から天板をお選びいただきました。























何年も自然乾燥させた天板材を製材機で両面平面加工します。























平面に加工し、側面をお客様ご希望の形状に加工します。























両面、側面、木口、面取りの加工ができました。























さらに、木目が浮き出てキズが付きにくいうづくり仕上げをします。

うづくりは普通荒目のサンダーだけをかける場合が多いのですが、テーブルはより木目に艶が出る仕上げ用の目の細かいサンダーもかけます。























側面も念入りにうづくり仕上げをして手ざわりをよくします。























天板の完成です。























脚は、お客様のご希望でダイニングテーブルと座卓兼用で使えるようにとのオーダーです。























ダイニングテーブル用です。























横にして向きを変えると座卓の脚になります。























塗装は、ヒマワリの油を抽出した体に優しいオスモカラーを塗装しました。






































































































































































































































お客様のもとへ納品しました。
























今回、ネットで当社を探して特注オーダーしていただきました。

作業経過はメールで写真添付しながらご報告しましたので大変喜んでいただけました。


ご注文ありがとうございました。


 
| - | trackbacks(0) | 17:05 | category: 座卓とテーブルの納品 |
この記事のトラックバックURL
http://blog.matu-taiju.com/trackback/200
トラックバック
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links