<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< いちょうのまな板 特大サイズ 業務用 | main | 厳寒期のいちょうのまな板用原木 製材最盛期  >>
# 地杉巨木樹齢550年 上杢大生節 座卓

 
樹齢550年地杉巨木の上杢大生節材、洋室用の座卓のご注文です。



これだけの大生節材は、直径1メートル以上の巨木の最上部でなければ取れない特殊材です。



長期間自然乾燥させた原盤を両面平面加工の後、ご指定のサイズの長さにカットして仕上げ加工します。



両面仕上げ加工と側面の仕上げ加工した後、さらにうずくり仕上げをします。



側面も当社オリジナル加工の立体感のある杢目の仕上げです。



年輪の冬目が浮き上がる手触りの良い仕上げです。



うずくりは中目で仕上げ、さらに細目で再度仕上げて、年輪の冬目の艶を良くします。



植物性の自然塗料のオスモカラー塗装をします。

色合いに深みがでて、とても良い仕上がりになりました。



大生節の周辺は特殊な杢がでて、とても魅力的です。



樹齢550年の巨木材ならではの上杢です。



この550年材はとても人気があり、沢山の板材がありましたが、在庫が少なくなってきました。



今回も製作には日数がかかりましたが、木工は楽しく時間を忘れて加工しました。

まだ倉庫にはチェンソーで半割りに挽き割ったままの、この巨木原木の材が7トンぐらいありますが、そろそろ製材しておかないと在庫がなくなりそうです。


| comments(0) | trackbacks(0) | 21:35 | category: 座卓とテーブルの納品 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.matu-taiju.com/trackback/153
トラックバック
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links