<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 大社産、地杉赤柾目天井板

 

 

 

出雲市大社地区の地杉巨木盤から杉赤柾目天井板を製作します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

板巾100センチ以上あります。

 

 

 

 

 

 

 

製材作業の写真です。

 

胸高周囲3.8mの巨木です。

 

 

 

 

 

 

 

 

この地杉で製作した玄関ホールの天井板です。

 

 

 

 

 

 

 

 

盤をカットして製材します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この地杉では、長さ4メートルのテーブル天板や1メートル巾3枚並びの玄関ホール天井板など良材が取れました。

 

 

 

| - | - | 12:41 | category: 銘木 |
# 黒松総赤身 床板・天井板

 

 

 

出雲産と隠岐島産の黒松、総赤身の廊下用の床板です。

 

 

 

 

 

 

 

主に昭和56年頃伐採・製材した出雲産の黒松の総赤身板です。

 

 

 

 

 

 

 

金襴杢の出ている板もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製材機で両面を平面加工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両面プレーナー加工です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出雲産の黒松総赤身の廊下用天井板です。

 

 

5.5寸盤と6寸盤を製材して作ります。

 

 

 

厚さ10.5ミリに製材してプレーナー加工9ミリに仕上げます。

 

 

 

 

 

 

黒松特有の目立ちの良い上杢の板です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井板は30年余り自然乾燥させた厚盤を製材しました。

 

 

薄板に挽いたため桟積みして1〜2か月間、外気になじませます。

 

 

| - | - | 09:26 | category: 銘木 |
# 黒松 鏡板戸

 

 

 

黒松鏡板戸 連続8枚取りのご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成9年1月に地元木材市場で買い付けた黒松です。

 

 

長さ8メートル 末口直径98センチ 立方メートル単価68万 

丸太代金550万円ぐらいでした。

 

 

 

 

 

 

 

元2.6メートルにカットして巾広盤を取りました。

 

 

 

 

 

 

 

この盤で鏡板戸を連続で8枚取ります。

 

 

裏面も無節、長さ2560ミリ 板巾1045ミリ 厚さ200ミリの盤です。

 

 

 

 

 

 

 

台車の送材スピードを超スローにして正確にきれいな挽き肌で製材します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連続で8枚取りました。

 

 

上面が最後の8枚目の木裏になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残りは両面無節の1メートル巾、厚さ48ミリの巾広板です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23年間自然乾燥させた盤ですが、1〜2か月、桟積みしてなじませます。

 

 

 

 

 

 

 

現在では、8枚続きの黒松鏡板戸は超難易度の希少材となりました。

 

 

 

| - | - | 15:33 | category: 銘木 |
# 地松 玄関敷台・框

 

 

 

長さ4メートルの地松、玄関敷台と框のご注文です。

 

 

最近では珍しい4メートルの間口の広い玄関です。

 

 

 

 

 

 

 

敷台、框ともに向い杢の色艶の良い銘木です。

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じの玄関のセットになります。

 

 

 

 

 

 

 

敷台は裏無地で赤身が多いので、こちらを見え場にした方が良いのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大工さんの仕上げ作業の手間が省けるよう挽き直しをして納めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

框も挽き直します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県外の新築のお宅に納品となりました。

 

 

 

| - | - | 21:27 | category: 銘木 |
# 島根産、地松赤身材

 

 

 

地松赤身材の納品例です。

 

 

昭和50年代後半から平成初期にかけて製材した島根県産の地松赤身材です。

 

 

 

 

 

 

 

出雲産地松赤床柱。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出雲産地松赤床框、他。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出雲産地松赤鴨居。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出雲産地松赤敷居。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出雲産肥松板。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出雲産地松赤板。

 

 

 

 

 

 

 

3枚に製材。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隠岐島産、春日の黒松床柱。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6棟の倉庫には昭和時代の在庫がいまだにぎっしり入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近年は銘木の需要が減少しましたが、地松赤身の在庫を保管している材木店も少なくなりました。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 11:01 | category: 銘木 |
# 樹齢550年 鏡板戸

 

 

 

8年前に買い付けて製材した樹齢550年の地杉、鏡板戸7枚のご注文です。

 

 

 

根元直径が2.7メートルあります。

 

 

 

 

 

 

 

大型チェンソーで挽き割りました。

 

 

 

 

 

 

同材の連続して製材した続き板7枚で総赤身の板巾90センチ、元玉の豪快な杢をご希望です。

 

 

 

 

 

 

テーブル天板用の厚さ2.5寸盤を4〜5枚に製材機でスライスします。

 

 

 

 

 

 

木工用ボンドを塗りパレットに盤を貼り付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう1枚も同様に貼り付けます。

 

 

 

 

 

良く接着するよう重しの材木を乗せ数日置きます。

 

 

 

 

 

 

ボンドが乾き盤が接着してから製材スタートです。

 

 

 

 

 

 

赤身巾が110センチあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

この盤は厚さ13ミリの巾広板が4枚と薄板が一枚とれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの盤は厚さ13ミリが5枚取れました。

 

 

 

 

 

 

 

鏡板と枠材は同一の材でのご指定です。

 

 

同材の原木2番玉の芯が近い目通りの良いテーブル材を枠材に加工します。

 

 

 

 

 

 

樹齢550年の巨木ですので板巾が150センチもあります。

 

 

 

 

 

 

これが巨木の2番玉です。

 

 

 

末口の直径が150センチ以上あり、これもチェンソーで挽き割りました。

 

 

 

 

 

 

 

片側の赤身の柾目巾だけでも60センチ以上あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

板巾が150センチもあり製材できないため二つに割ってから枠材に製材しました。

 

 

 

 

 

この樹齢550年の地杉巨木はとても人気がありテーブルや座卓、一枚板の鏡板戸に良く使用されています。

 

 

 

最近では樹齢300年以上の地杉巨木の木材市場への出荷生産が少なくなり希少材となりました。

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 10:51 | category: 銘木 |
# 肥松柾目天井、完成写真

 

 

以前納品した肥松柾目天井板の完成写真を先日送っていただきました。

 

 

オレンジ色に光を透過するベタ肥の肥松の柾目天井です。

 

 

 

 

 

 

天井板の上の屋根側に照明用のLEDライトが設置されています。

 

 

 

 

 

 

 

光を透過して天井がプラネタリウムのような趣となっています。

 

 

 

 

 

 

肥松総赤身柾目の1尺巾ベタ肥で、とも木で6帖一間分は日本中探しても現在では入手できないような材質です。

 

 

 

 

 

 

 

 

納品した天井板の当時の加工作業の様子です。

 

 

 

 

 

 

黒松巨木のベタ肥の盤です。

 

 

 

 

 

 

年輪が振れ地震計のようなV字になっている珍しい肥松です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

照明の明かりを透過させた肥松の天井を見られた来客の方々は皆、その見事さ趣きに感動される、とのお話しでした。

 

 

 

 

 

 

 

その他、欄間や引き戸にも、肥松を使用していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一部ですが、施主様の素晴らしい銘木をお使いの部屋の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

肥松の板全面にあふれた見事な金襴杢です。

 

 

 

 

 

 

 

黒柿の孔雀杢です。

 

 

 

 

 

 

これだけの長さの角材で上部、側面ともに孔雀杢がふんだんに出ています。

 

 

 

 

 

 

 

目を見張るような素晴らしい銘木の数々をお使いのお宅で、当社の肥松を使用していただきとても光栄です。

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 08:45 | category: 銘木 |
# 地松巨木巾広板

 

 

地松巾広板の特殊材のネットでのご注文です。

 

 

 

 

 

地松板で長さ100センチで900ミリ巾のとも木の板が3枚です。

 

 

 

 

 

自然乾燥20年の板を倉庫から出しました。

 

 

 

 

 

ちょうど20年前の平成9年1月の厳寒期に地元木材市場で買い付けた1本550万円の松丸太です。

 

 

 

 

 

大きすぎて製材台車に乗らないため大型チェンソーで側面を引き落としてから製材しました。

 

 

 

 

20年前なのでまだ若いです。

 

 

この厚盤は長さ2560ミリ 巾1045ミリ 厚さ200ミリです。

 

 

 

 

 

同材の在庫で桟積みしてある中からご注文に適した板を選別します。

 

 

この原木でとれた板は、写真の倍以上の枚数がありましたがあちらこちらに嫁入りしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きちっと桟積みして20年間自然乾燥させているので大きな反りは出ていません。

 

 

 

 

 

半分にカットするのはもったいない気もしますが、とも木で色合いも揃い立派になるので半分に切ります。

 

 

 

 

 

長さ250センチの両端を外して良い部分のみで100センチを2枚とりました。

 

 

 

 

 

あと1枚は同材のテーブル用の板を使います。

 

 

 

 

 

これも長さ100センチにカットします。

 

 

板巾が985ミリあるのでほとんど正方形です。

 

 

 

 

 

 

この板も反りや狂いがほとんどない良質な材でした。

 

 

 

この原木は厚盤や床地板・板類・床柱・柾目天井板などたくさんの銘木製品がとれた良質材でした。

 

 

| - | trackbacks(0) | 19:40 | category: 銘木 |
# 鏡板戸 地杉総赤身一枚板

 

 

建具の鏡板戸一枚板の製作です。

 

 

 

 

 

巨木特有の上杢の鏡板戸です。

 

 

 

 

 

7年前にチェンソーで挽き割った胸高周囲7メートルの地杉巨木から取れたテーブル天板を製材します。

 

 

 

 

 

元玉で根元の直径が2.7メートル、末口で直径1.9メートルの樹齢550年の巨木です。

 

 

 

 

 

総赤身の板巾1100ミリ、厚さ2.5寸の盤を4枚に製材します。

 

 

 

 

 

そのままで4枚に挽き割ると3枚目あたりから板自体に反りがでて正確に製材できないためパレットに貼り付けて製材します。

 

 

 

 

 

ボンドが乾くまで3〜4日置いて完全に接着してから製材します。

 

 

 

 

 

製材開始です。

 

 

 

 

 

 

正確に4枚に製材できました。

 

 

 

 

 

追加でもう1丁、4枚取りで製材です。

 

 

パレットに貼りつける時間がないため角材を反り止めにして両木口と耳に4か所ビスを打ち付けて製材します。

 

 

 

 

 

 

65ミリの角材に75ミリビスをうち10ミリだけビスの先が盤に正確に入るようにします。

 

すり直しをした2寸余りの盤を4枚に製材するため、最後の一枚の板厚を15ミリにして鋸の刃がビスが当たらないよう正確に製材します。

 

 

 

 

 

 

製材開始です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の一枚まで反り狂いなく4枚無事に取れました。

 

 

 

 

 

仕上げ作業です。

 

サンダーで製材時の鋸あとが消えるまで平均に両面削ります。

 

 

 

 

 

さらに年輪が浮き立ち杢目にメリハリが出てキズがつきにくくなる、うづくりをホイルサンダーでかけます。

 

 

 

 

 

うづくりは初め荒目で削り出し、後に細目で艶出しの仕上げをかけます。

 

 

作業工程は2倍になり手間がかかりますが、出来上がりの際の冬目の艶に違いが出ます。

 

 

 

 

 

とてもきれいに仕上がりました。

 

 

| - | trackbacks(0) | 16:04 | category: 銘木 |
# 地松床柱、けやき盤、納品

 

出雲産の樹齢300年以上の黒松床柱など銘木製品の納品です。

 

 

ネットで検索され銘木製品をご覧になられた県外のお客様が、遠路よりご来店にてご購入されました。

 

 

地松の床柱、床框、落し掛けの3点セットです。

 

 

長さ3メートル、150ミリ角の床柱です。

 

 

地松の黒松の肥松なので仕上げると黄金色のような素晴らし色合いになります。

 

 

黒松の肥松独特の飴色が濃く、力強い冬目が特に引き立ちます。

 

 

 

丁寧に梱包して発送です。

 

最近は個人宅への長物や大型材の宅配サービスを廃止する運送会社もあります。

 

これからは大型材の配送は個人宅向けは営業所止めになるケースが多くなるかもしれません。

 

 

 

テーブル等の家具や業務用の大型まな板は、ヤマトの家財便にて従来通り宅配は出来ます。

 

 

 

 

 

けやきの巾広の厚盤、2丁の納品です。

 

 

長さ5メートルで無節の玄関敷台用の盤です。

 

 

 

20年以上前に私が山林にて伐採搬出、製材し自然乾燥させた欅の盤です。

 

平坦な屋敷跡の敷地に、まっすぐに生えていた通直で見事な欅でした。

 

 

20年以上倉庫で自然乾燥させ、活躍できる時がやっときました。

 

| - | trackbacks(0) | 12:26 | category: 銘木 |
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links