<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 銀杏300年製材

 

 

 

銀杏原木の製材です。

 

 

 

 

 

 

 

樹齢300年、これだけ赤身の張った銀杏は稀です。

 

 

究極の高品質まな板がたくさん取れそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤身の柾目が取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社品質ランク最高の五つ星、総赤身柾目のまな板材です。

 

 

 

 

 

 

 

目通り・木味、ともに良い総赤身柾目が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹齢約300年の銀杏原木です。

 

 

 

 

 

 

 

ものすごく年輪が細かい高樹齢の銀杏です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超目細の良質材が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹齢150年クラスの銀杏です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

業務用の特大まな板材が多く取れました。

 

 

| - | - | 16:04 | category: 原木製材 |
# 銀杏巨木シャレ木 樹齢350年

 

 

 

銀杏巨木シャレ木の製材です。

 

 

樹齢約350年、

白太がついていた時は末口直径110センチ、元口直径150センチの巨木でした。

 

 

 

 

 

 

 

35年間、野外にて雨ざらし状態のため白太が朽ち果てシャレ木となりました。

 

 

 

 

 

 

 

総赤身のシャレ木です、末口直径が60センチ以上あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製材です。

 

 

 

 

 

 

 

35年間、雨ざらしでも赤身は全く傷んでいません。

 

 

 

 

 

 

 

究極の高品質、総赤身まな板が片っ端から取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

35年間の野外雨ざらしで白太はスポンジ状に朽ち果てていますが、赤身は全く傷んでいません。

 

 

 

 

 

 

 

予想以上に、ものすごい耐久性の総赤身です。

 

 

日本国内すべての木材の中で海水での耐久性は銀杏赤身が一番だそうです。

(某大学研究試験データ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社品質ランク五つ星の銀杏総赤身柾目が取れます。

 

 

 

 

 

 

 

総赤身柾目巾1尺が取れます。

 

 

 

 

 

 

 

半分製材したところで板挽きを木取ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしく状態が良かったので歩留まりがとても良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良質の総赤身柾目のまな板が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残り半分を製材した板挽きの木取りです。

 

 

後半も歩留まり良く、作業がはかどります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巾広の総赤身柾目が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

35年間耐久の素晴らしい究極の高品質銀杏総赤身材です。

 

 

| - | - | 11:48 | category: 原木製材 |
# 出雲産300年 肥松製材

 

 

 

出雲産樹齢300年以上、黒松の肥松の製材です。

 

 

 

 

 

 

 

主に松明用と木軸ペン用です。

 

 

 

 

 

 

 

肥松の本場出雲でも、これだけ脂のある黒松の肥松は入手不可能に近い超希少材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒョウ柄、霜降りのベタ肥です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かい柄の霜降りです。

 

 

 

 

 

 

 

左の板は木軸ペン用で厚さ22ミリ。

 

中央の板は松明用で厚さ22ミリ。

 

右の板は松明用13ミリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二股付け根の脂だまりです。

 

 

 

 

 

 

 

琥珀のようなベタ肥部分です。

 

 

 

 

 

 

 

二股付け根のベタ肥、サバ杢と入り組んだ金襴杢のミックスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

護摩焚き用の松明板です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サバ杢と金襴杢のミックスの板、3枚取れました。

 

 

厚さは28ミリ。

 

 

 

 

 

 

 

この3枚は、全面ヒビ防止ワレシラズを塗布しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | - | 12:22 | category: 原木製材 |
# 銀杏原木製材

 

 

 

銀杏原木の製材です。

 

 

地元木材市場のセリ市です。

 

 

手前2本が買い付けた銀杏の大径木です。

 

 

 

 

 

 

 

製材です。

 

 

 

 

 

 

 

高樹齢で良質な大径木の銀杏です。

 

 

 

 

 

 

 

芯出来が良く、歩留り・品質ともに最高ランクです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極上の家庭用・業務用のまな板材が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

大径木の二番玉の節あり材です。

 

 

 

 

 

 

 

節の部分をカットして良いところでまな板をとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩留りは落ちますが、木味の良いまな板が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白太の多い銀杏の製材です。

 

 

 

 

 

 

 

白太の盤が取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

業務用の綺麗な厚板が4枚取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場近くで伐採された銀杏の製材です。

 

 

 

樹齢は250年の高樹齢です。

 

 

 

 

 

 

 

背側の広いところで柾目取りをして腹側で板目取りをしました。

 

 

 

製材・伐採ともに予想通りにいかないところに作業の面白さや醍醐味があります。

 

 

| - | trackbacks(0) | 09:28 | category: 原木製材 |
# 隠岐島産、樹齢320年 本かや製材

 

 

 

6年ぶりに1本のみ隠岐島産の本かやが木材市場に出荷されました。

 

 

 

 

 

 

 

長さは6メートル余りですが、まな板が取れるところは僅かです。

 

 

 

 

 

 

 

日本産本かやは幻の銘木となりつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小径木ですが樹齢は320年あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隠岐島産の本かや特有の油分の多い濃いめの色合いです。

 

 

 

 

 

 

 

きれいな総赤身用の板材が数枚取れました。

 

 

 

 

 

 

 

カットした板も20枚程度取れました。

 

 

 

 

 

 

 

これから4〜5年かけて自然乾燥させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

商品として販売する時期は、2024年開催のパリオリンピック頃でしょうか、気の長い話です。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 17:24 | category: 原木製材 |
# 銀杏原木 7本製材

 

 

 

まな板用の銀杏原木、7本の製材です。

 

 

 

家庭用、業務用の大型まな板をとります。

 

 

 

 

 

 

 

白太のきれいな板が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

2本め。

 

 

 

 

 

 

 

総白太で家庭用・業務用の大型まな板が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3本めは高樹齢の銀杏です。

 

 

 

 

 

 

 

目通りの良い柾目材が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4本め、節多めの材です。

 

 

 

 

 

 

 

節ありですが良い柾目です。

 

 

 

 

 

 

 

きれいな板が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

5本め。

 

 

 

 

 

 

 

木質が良く柾目の通りの良い材です。

 

 

 

 

 

 

 

家庭用から巾広まな板まで、そこそこ取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

6本め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7本め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべて自然乾燥させます。

 

 

一枚づつ隙間をあけ風通しをよくし2〜3年間かけて乾かします。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 15:57 | category: 原木製材 |
# 銀杏原木4本製材

 

 

 

厳寒期に買い付けた銀杏4本の製材です。

 

 

 

 

 

 

 

銀杏巨木の2番玉です。

 

 

節があるので中盤をとり外側は、なし割りにして柾目どりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柾目のまな板材がたくさん取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

業務用まな板他、家庭用のきれいな材が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白木のまな板材の他、業務用の厚盤が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

業務用の厚盤の他、柾目・板目のまな板材をとりました。

 

 

 

立てかけたり天井に積み上げたり、年数をかけて自然乾燥させます。

 

 

 

最近は、プラスチックのまな板から自然素材の木のまな板を好まれる方が増えているように感じます。

 

 

| - | trackbacks(0) | 11:30 | category: 原木製材 |
# 総赤身柾目のまな板

 

 

 

樹齢250年、いちょうの大径木です。

 

 

 

 

 

 

 

両側で巾広厚盤をとり中盤で総赤身柾目をとります。

 

 

 

 

 

 

 

末に節はありますが、とてもきれいな良質材です。

 

 

 

 

 

 

 

ここから板材と盤、2枚とります。

 

 

 

 

 

 

 

ここから中盤を挽き割り、板取りと柾目取りの両方挽きます。

 

 

 

 

 

 

 

板巾90センチあります。

 

 

赤身が張ってこれぐらい巾がないと総赤身柾目のまな板は取れません。

 

 

 

 

 

 

 

中盤の柾目どりの板を木取りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高ランク品質、五つ星のいちょう総赤身柾目のまな板が取れました。

 

 

 

年間で数十本の銀杏原木を製材しますが、滅多に取れない最高峰のまな板です。

 

 

| - | trackbacks(0) | 18:00 | category: 原木製材 |
# 銀杏巨木製材

 

 

 

銀杏巨木の製材です。

 

 

胸高周囲3.4メートルの巨木です。

 

 

 

 

 

 

 

台車にすべて乗りきらないため片側を大型チェンソーで少し挽き落としてから製材します。

 

 

 

 

 

 

 

重量があるためスムーズに分出しできるよう原木の下の接地面の皮を剥ぎ取って製材します。

 

 

 

 

 

 

 

 

板巾60センチ以上で厚さ18センチの特厚の盤をとります。

 

 

 

特別なサイズのオーダーにも対応できるよう、テーブルのような超特大のまな板も作っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

芯去り、厚さ18センチ裏無地で取れました。

 

 

 

 

 

 

 

木ウラの末で90センチ巾あります。

 

 

 

 

 

 

 

次はテーブルサイズのまな板も取ります。

 

 

 

 

 

 

 

板巾90センチ以上です。

 

 

 

 

 

 

 

手前17センチと18センチの厚盤です。

 

 

 

 

 

 

 

巨木なので盤がたくさん取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

中盤と外側の盤はカットして業務用の大型まな板にします。

 

 

 

 

 

 

 

柾目巾50センチの業務用のまな板材です。

 

 

 

 

 

 

 

90〜100センチ巾の巨大なまな板用ですが、無節なのでテーブルにも使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枝打ち材で歩留りの良い原木でした。

 

 

年月はかかりますが、すべて自然乾燥させます。

 

 

| - | trackbacks(0) | 18:55 | category: 原木製材 |
# 厳寒期の銀杏原木買い付け

 

 

 

今年も厳寒期の銀杏原木を買い付けました。

 

 

すべて業務用・家庭用のまな板にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀杏の巨木も仕入れました。

 

 

 

 

 

 

 

60〜90センチ巾の厚盤のまな板や柾目巾50センチのまな板をとります。

 

 

 

 

 

 

 

末口でも96センチぐらいあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸高周囲は3.4メートルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の銀杏原木です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通直な銀杏を製材しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期に製材して自然乾燥させると白太は純白のまな板ができます。

 

 

 

海は大時化が続いて釣りに行けないので、製材作業に集中します。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 10:06 | category: 原木製材 |
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links