<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# テーブル天板、栗・杉・松

 

 

 

工房から一枚板、テーブル天板のご注文です。

 

 

4メートルの天板2枚と2m天板2枚、合わせて4枚です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栗の4メートル材  板巾80センチ前後  厚さ90ミリ

 

 

原木は地元木材市場で買い付け、製材後15年ぐらいになります。

 

 

 

 

 

 

 

地杉巨木樹齢550年材、長さ4メートル  2m天板2枚取り

 

 

 

 

 

 

 

板巾80〜100センチ  厚さ75ミリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地杉巨木樹齢600年材

 

 

 

 

 

 

 

板巾100センチ前後  厚さ75ミリ

 

 

 

 

 

 

 

 

隠岐島産黒松、樹齢250年

 

 

板巾、90センチ前後  厚さ75ミリ

 

 

 

 

 

 

 

 

関西地区の工房に納品しました。

 

 

 

巾広一枚板のテーブル用天板、松・杉・けやき、いちょう、多数取り揃えています。

 

 

 

 

| - | - | 09:37 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 地松テーブル脚

 

 

 

地松テーブル脚のご注文です。

 

 

昨年秋に製作した地松テーブル天板に使用されます。

 

 

アイアンの脚の予定でしたが地松の脚に変更したいとのことで製作となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国内最大級の巨木、隠岐、伊後の大松のテーブルです。

 

 

 

長さ230センチ 巾100センチ前後 厚さ70ミリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脚の材料です、30年以上自然乾燥させた出雲産の地松です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒いゴムラバーは天板のすべり止めです。

 

 

 

6人掛けのご指定のため、脚の位置をテーブルの両端にしてあります。

 

 

脚と脚の間隔を190センチ程度開けていますので6人が皆、足を延ばせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床と脚底のキズ防止のフェルトを貼り付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

新築のお宅で使用されます。

 

 

 

| - | - | 10:57 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# けやきテーブル製作

 

 

 

ケヤキ、小テーブルのオーダーです。

 

 

お客様が美しい木目の天板を希望しておられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天板候補、数点の中から選んでいただきました。

 

 

20年ほど前に製材した奥出雲産の上質ケヤキです。

 

 

 

 

 

 

 

製材の後、プレーナー加工。

 

 

 

 

 

 

 

小さい玉杢が少し出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げ加工。

 

 

 

 

 

 

 

足は板の外側で取ったとも木です。

 

 

 

 

 

 

 

細部まで丁寧に仕上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然塗料のオスモカラー艶消しでさらに見栄えが良くなりました。

 

 

 

 

 

 


床との設置面のキズ防止にフェルトを貼り付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関東地区に納品しました。

 

昨日、納品できお客様から

「写真で見た木材よりもさらに実物は素晴らしいもので満足しています」

とのご連絡いただきました。

 

 

| - | - | 17:50 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 肥松 座卓・テーブル製作

 

 

 

座卓とテーブル天板の製作です。

 

 

座卓天板。

 

 

 

 

 

 

テーブル天板。

 

 

 

 

 

 

 

2011年に買い付けて製材した樹齢500年、伊後の大松です。

 

 

 

 

 

 

 

巨木で直径が140センチほどあります。

 

 

 

 

 

 

 

時が経つのは早いものでもう8年余りになります。

 

 

 

 

 

 

 

倉庫の奥から引っ張り出して、両面平面加工の修正製材をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

板巾は100センチ余りあります。

 

 

 

 

 

 

 

仕上げ加工をして座卓天板の完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然塗料のオスモカラーを塗って塗装完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブル天板の加工です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げ加工の後、塗装してテーブル天板完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様のご指定タイプの座卓脚の製作です。

 

 

 

 

 

 

 

加工完了。

 

 

 

 

 

 

 

脚底面には床とのキズ防止にフェルトを貼り付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

座卓天板との接地面には滑り止めのゴムラバーを貼り付けます。

 

 

 

伊後の大松のテーブル用板材は全て完売しました。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 19:09 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 樹齢360年地杉巨木 テーブル製作

 

 

 

地杉巨木テーブルの製作です。

 

 

 

 

 

 

樹齢360年の地杉で板巾がオモテ面で100センチあります。

 

 

 

 

 

 

 

数年前に原木を製材した時の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脚材は輪切り材の半割りで2丁一組、作ります。

 

 

 

 

 

 

傷んだ白太を電気カンナで剥ぎ取り総赤身の脚材にします。

 

 

 

 

 

 

内側はサンダーで削りきれいにします。

 

 

 

 

 

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

脚材も樹齢300年以上なので良い杢が出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブル天板を仕上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側面の耳の部分を仕上げ表面にうづくりをかけます。

 

 

 

 

 

 

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

樹齢360年の巨木なので年輪が細かく目立ちの良い天板となりました。

 

 

 

最近では直径100センチを超える樹齢300年以上の地杉は希少となりました。

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 11:14 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 地松巨木 座卓特注

 

 

 

地松巨木の座卓の特注オーダーです。

 

 

 

 

 

 

長さ200センチ 板巾92センチ 厚さ50ミリの仕上がりサイズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から21年前に買い付けた1本550万円の地松からとれた板です。

 

 

 

10年一昔と言いますが、21年前がついこの間のように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

長さ2.7メートルにカットして製材しました。

 

 

 

大型チェンソーを使用している側を製材した厚板です。

 

 

 

 

 

 

 

21年間自然乾燥させた板を倉庫から出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長さ2.7メートルのまま製材機で両面を平面に加工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オモテ面、ウラ面ともに正確に平面がでました。

 

 

 

 

 

 

 

長さをご指定の200センチにカットして仕上げ加工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

座卓天板を足材に乗せるタイプのため、両面ともに仕上げ加工します。

 

 

 

 

 

 

 

板の耳の部分はオモテ面、ウラ面、両面使用の際にどちらにも丸みの曲線がつくように加工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げ加工、完了です。

 

 

 

 

 

 

 

安心安全な植物性の塗装を浸透させます。

 

 

 

ヒマワリの油から抽出した素材のオスモカラー塗装です。

 

 

 

 

 

 

 

深みのある色合いになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座卓の足は地松の輪切り材のご指定です。

 

 

 

在庫6個、3セットの中から選択してもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

仕上げ加工済み、完成品です。

 

 

 

 

 

 

 

底面にも床のキズ防止のフェルトを張り付けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

オプションで座卓天板の高さを通常より6センチ程度高くなる足材も追加のご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

こちらも地松半割の輪切り足材の在庫6個、3セットの中から適材を選別しました。

 

 

 

 

 

 

仕上げ加工済み、完成品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

座卓・テーブル・大型まな板など、いつもお願いしているヤマト家財便で発送します。

 

 

 

 

 

 

 

 

梱包から到着時の開放、設置までしてもらえ大変便利です。

 

 

 

関東地区の新築のお宅にお届けとなりました。

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 10:34 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 地杉550年 座卓兼用テーブル製作
























樹齢550年の地杉の天板を使ったテーブルの製作です。

























長さ1200ミリのご注文で、巾は広いところで950ミリあります。

























5年余り前に製材した樹齢550年の地杉巨木からとれた板をテーブルの天板に使います

























たくさんの天板材の中から、お客様のご希望の板を選んでいただきました。

板の両面を平面にするため修正製材をします。

























平面に加工してご指定の長さにカットしました。

























平面を滑らかに仕上げ加工します。

























さらにうづくり加工をします。

うづくりは通常は荒目だけですが、艶が良くなるように仕上げの細目もかけます。

























うづくり加工をするとキズがつきにくく目立ちが良くなりパッチリとした杢目が出ます。

























手触りも格段に良くなります。

























塗装はヒマワリからとれた自然素材のオスモカラーを塗ります。

























脚はお客様のご要望で、横にすると座卓にも使えるタイプです。

























座卓仕様にした場合の脚です。























平らなフロアで設置して写真撮影です。

























天板は樹齢550年の巨木ですので良い杢がでます。



















































色・艶・杢も良いテーブルに仕上がりました。


























今回もヤマトの家財便さんに運送をお願いしました。


納品後、お客様からは一生もののテーブル、との嬉しいメールをいただきました。

 
| - | trackbacks(0) | 15:33 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 特注2600ミリ ダイニングテーブル納品
























昨日、地杉巨木2600ミリ仕様のダイニングテーブルが完成し、お客様のもとへ納品となりました。

























長さ2600ミリで分厚い板厚80ミリ、板巾950〜1150ミリの特大サイズのため大人5人がかりで運んで設置しました。

























今回塗装は天板、脚ともにウレタン塗装が施してあります

























木目を浮かせるうづくり仕上げにして、手触りを良くしてあります。

























脚はお客様のご要望で、特大の150ミリ角のどっしりとした脚に仕上げてあります。

























天板の形に合わせて板巾1150ミリの巾広部分の脚は、より安定するように脚の巾を広くしています。

特注オーダーだからできる天板に合わせた特別仕様です。

























長さ2600ミリの900ミリ以上の巾ですので8〜10人ぐらいでも揃ってお食事もできそうです。



























広いダイニングにぴったりと収まりました。

椅子、フロアとテーブルの色彩があい、一枚板テーブルがお部屋に良く馴染んでいます。

搬入では、お客様にお手伝いして頂きありがとうございました。


 
| - | trackbacks(0) | 10:21 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 地杉一枚板、巾広テーブル 特注2600ミリ仕様
























地杉巾広一枚板ダイニングテーブル、長さ2600ミリ仕様の特注オーダーです。



















以前製材した、長さ7メートル、末口直径90〜100センチの巨木からとれた盤を使用します。

























長さ3メートル材を、ご注文サイズの2600ミリにカットします。

























板巾が広いところは1150ミリぐらいあります。

























製材機で両面を再製材します。

























両面加工して正確な平面にします。

























きれいなテーブル天板になりそうです。

























手作業にて両面仕上げ加工してつるつるに仕上げました。

























木口も仕上げ加工して面取りもします。

























さらに木目が浮き出てキズがつきにくくなる、うづくり加工を施します。

うづくりも荒目と仕上げの2工程行い、手間をかけて作ります。

























側面もアールを綺麗にして一度仕上げてから、うづくり加工します。

























柔らかい夏目部分を削るので固い冬目が浮き上がりキズがつきにくくなります。

























とてもきれいに仕上がりました。

























板の厚みは、分厚い80ミリの天板に仕上がりました。

























側面も味わいのある仕上がりになりました。

























表面、裏面ともに、どちらでも使用できるよう両面仕上げ加工してあります。

























天板加工完了です。

あとは脚材と塗装です。

 
| - | trackbacks(0) | 12:05 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 地杉巨木550年 総赤身ダイニングテーブル






















地杉巨木樹齢550年の総赤身のダイニングテーブルの特注オーダーです。























今までご使用になっていたダイニングテーブルと同様のサイズでのご注文です。























胸高周囲7メートルの地杉巨木を製材してとれた数十枚の原盤の中から天板をお選びいただきました。























何年も自然乾燥させた天板材を製材機で両面平面加工します。























平面に加工し、側面をお客様ご希望の形状に加工します。























両面、側面、木口、面取りの加工ができました。























さらに、木目が浮き出てキズが付きにくいうづくり仕上げをします。

うづくりは普通荒目のサンダーだけをかける場合が多いのですが、テーブルはより木目に艶が出る仕上げ用の目の細かいサンダーもかけます。























側面も念入りにうづくり仕上げをして手ざわりをよくします。























天板の完成です。























脚は、お客様のご希望でダイニングテーブルと座卓兼用で使えるようにとのオーダーです。























ダイニングテーブル用です。























横にして向きを変えると座卓の脚になります。























塗装は、ヒマワリの油を抽出した体に優しいオスモカラーを塗装しました。






































































































































































































































お客様のもとへ納品しました。
























今回、ネットで当社を探して特注オーダーしていただきました。

作業経過はメールで写真添付しながらご報告しましたので大変喜んでいただけました。


ご注文ありがとうございました。


 
| - | trackbacks(0) | 17:05 | category: 座卓とテーブルの納品 |
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links