<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 樹齢360年地杉巨木 テーブル製作

 

 

 

地杉巨木テーブルの製作です。

 

 

 

 

 

 

樹齢360年の地杉で板巾がオモテ面で100センチあります。

 

 

 

 

 

 

 

数年前に原木を製材した時の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脚材は輪切り材の半割りで2丁一組、作ります。

 

 

 

 

 

 

傷んだ白太を電気カンナで剥ぎ取り総赤身の脚材にします。

 

 

 

 

 

 

内側はサンダーで削りきれいにします。

 

 

 

 

 

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

脚材も樹齢300年以上なので良い杢が出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブル天板を仕上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側面の耳の部分を仕上げ表面にうづくりをかけます。

 

 

 

 

 

 

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

樹齢360年の巨木なので年輪が細かく目立ちの良い天板となりました。

 

 

 

最近では直径100センチを超える樹齢300年以上の地杉は希少となりました。

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 11:14 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 地松巨木 座卓特注

 

 

 

地松巨木の座卓の特注オーダーです。

 

 

 

 

 

 

長さ200センチ 板巾92センチ 厚さ50ミリの仕上がりサイズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から21年前に買い付けた1本550万円の地松からとれた板です。

 

 

 

10年一昔と言いますが、21年前がついこの間のように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

長さ2.7メートルにカットして製材しました。

 

 

 

大型チェンソーを使用している側を製材した厚板です。

 

 

 

 

 

 

 

21年間自然乾燥させた板を倉庫から出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長さ2.7メートルのまま製材機で両面を平面に加工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オモテ面、ウラ面ともに正確に平面がでました。

 

 

 

 

 

 

 

長さをご指定の200センチにカットして仕上げ加工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

座卓天板を足材に乗せるタイプのため、両面ともに仕上げ加工します。

 

 

 

 

 

 

 

板の耳の部分はオモテ面、ウラ面、両面使用の際にどちらにも丸みの曲線がつくように加工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げ加工、完了です。

 

 

 

 

 

 

 

安心安全な植物性の塗装を浸透させます。

 

 

 

ヒマワリの油から抽出した素材のオスモカラー塗装です。

 

 

 

 

 

 

 

深みのある色合いになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座卓の足は地松の輪切り材のご指定です。

 

 

 

在庫6個、3セットの中から選択してもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

仕上げ加工済み、完成品です。

 

 

 

 

 

 

 

底面にも床のキズ防止のフェルトを張り付けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

オプションで座卓天板の高さを通常より6センチ程度高くなる足材も追加のご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

こちらも地松半割の輪切り足材の在庫6個、3セットの中から適材を選別しました。

 

 

 

 

 

 

仕上げ加工済み、完成品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

座卓・テーブル・大型まな板など、いつもお願いしているヤマト家財便で発送します。

 

 

 

 

 

 

 

 

梱包から到着時の開放、設置までしてもらえ大変便利です。

 

 

 

関東地区の新築のお宅にお届けとなりました。

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 10:34 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 地杉550年 座卓兼用テーブル製作
























樹齢550年の地杉の天板を使ったテーブルの製作です。

























長さ1200ミリのご注文で、巾は広いところで950ミリあります。

























5年余り前に製材した樹齢550年の地杉巨木からとれた板をテーブルの天板に使います

























たくさんの天板材の中から、お客様のご希望の板を選んでいただきました。

板の両面を平面にするため修正製材をします。

























平面に加工してご指定の長さにカットしました。

























平面を滑らかに仕上げ加工します。

























さらにうづくり加工をします。

うづくりは通常は荒目だけですが、艶が良くなるように仕上げの細目もかけます。

























うづくり加工をするとキズがつきにくく目立ちが良くなりパッチリとした杢目が出ます。

























手触りも格段に良くなります。

























塗装はヒマワリからとれた自然素材のオスモカラーを塗ります。

























脚はお客様のご要望で、横にすると座卓にも使えるタイプです。

























座卓仕様にした場合の脚です。























平らなフロアで設置して写真撮影です。

























天板は樹齢550年の巨木ですので良い杢がでます。



















































色・艶・杢も良いテーブルに仕上がりました。


























今回もヤマトの家財便さんに運送をお願いしました。


納品後、お客様からは一生もののテーブル、との嬉しいメールをいただきました。

 
| - | trackbacks(0) | 15:33 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 特注2600ミリ ダイニングテーブル納品
























昨日、地杉巨木2600ミリ仕様のダイニングテーブルが完成し、お客様のもとへ納品となりました。

























長さ2600ミリで分厚い板厚80ミリ、板巾950〜1150ミリの特大サイズのため大人5人がかりで運んで設置しました。

























今回塗装は天板、脚ともにウレタン塗装が施してあります

























木目を浮かせるうづくり仕上げにして、手触りを良くしてあります。

























脚はお客様のご要望で、特大の150ミリ角のどっしりとした脚に仕上げてあります。

























天板の形に合わせて板巾1150ミリの巾広部分の脚は、より安定するように脚の巾を広くしています。

特注オーダーだからできる天板に合わせた特別仕様です。

























長さ2600ミリの900ミリ以上の巾ですので8〜10人ぐらいでも揃ってお食事もできそうです。



























広いダイニングにぴったりと収まりました。

椅子、フロアとテーブルの色彩があい、一枚板テーブルがお部屋に良く馴染んでいます。

搬入では、お客様にお手伝いして頂きありがとうございました。


 
| - | trackbacks(0) | 10:21 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 地杉一枚板、巾広テーブル 特注2600ミリ仕様
























地杉巾広一枚板ダイニングテーブル、長さ2600ミリ仕様の特注オーダーです。



















以前製材した、長さ7メートル、末口直径90〜100センチの巨木からとれた盤を使用します。

























長さ3メートル材を、ご注文サイズの2600ミリにカットします。

























板巾が広いところは1150ミリぐらいあります。

























製材機で両面を再製材します。

























両面加工して正確な平面にします。

























きれいなテーブル天板になりそうです。

























手作業にて両面仕上げ加工してつるつるに仕上げました。

























木口も仕上げ加工して面取りもします。

























さらに木目が浮き出てキズがつきにくくなる、うづくり加工を施します。

うづくりも荒目と仕上げの2工程行い、手間をかけて作ります。

























側面もアールを綺麗にして一度仕上げてから、うづくり加工します。

























柔らかい夏目部分を削るので固い冬目が浮き上がりキズがつきにくくなります。

























とてもきれいに仕上がりました。

























板の厚みは、分厚い80ミリの天板に仕上がりました。

























側面も味わいのある仕上がりになりました。

























表面、裏面ともに、どちらでも使用できるよう両面仕上げ加工してあります。

























天板加工完了です。

あとは脚材と塗装です。

 
| - | trackbacks(0) | 12:05 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 地杉巨木550年 総赤身ダイニングテーブル






















地杉巨木樹齢550年の総赤身のダイニングテーブルの特注オーダーです。























今までご使用になっていたダイニングテーブルと同様のサイズでのご注文です。























胸高周囲7メートルの地杉巨木を製材してとれた数十枚の原盤の中から天板をお選びいただきました。























何年も自然乾燥させた天板材を製材機で両面平面加工します。























平面に加工し、側面をお客様ご希望の形状に加工します。























両面、側面、木口、面取りの加工ができました。























さらに、木目が浮き出てキズが付きにくいうづくり仕上げをします。

うづくりは普通荒目のサンダーだけをかける場合が多いのですが、テーブルはより木目に艶が出る仕上げ用の目の細かいサンダーもかけます。























側面も念入りにうづくり仕上げをして手ざわりをよくします。























天板の完成です。























脚は、お客様のご希望でダイニングテーブルと座卓兼用で使えるようにとのオーダーです。























ダイニングテーブル用です。























横にして向きを変えると座卓の脚になります。























塗装は、ヒマワリの油を抽出した体に優しいオスモカラーを塗装しました。






































































































































































































































お客様のもとへ納品しました。
























今回、ネットで当社を探して特注オーダーしていただきました。

作業経過はメールで写真添付しながらご報告しましたので大変喜んでいただけました。


ご注文ありがとうございました。


 
| - | trackbacks(0) | 17:05 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 地杉600年テーブル天板  他、特殊用途輪切り






















地杉樹齢600年のテーブル天板のネットでのご注文です。

今お持ちのテーブルの、天板だけを外して、この天板を置き換えられるとのお話でした。























色合いの濃い、勿体のある節板です。























近年、地杉で樹齢300年以上の原木の出荷はまれで、600年の樹齢はとても希少です。























大節の周辺は面白く豪快な感じで好まれ、最近、テーブルの天板として注文が多くあります。























とても緻密な年輪が均等に詰まっています。

画面の写真の部分だけでも400年ぐらい年輪が数えられます。























側面の耳の部分も、600年ならではの風合いのある杢で、高級感抜群です。























いつもお世話になっているヤマトの家財便さんが梱包します。























九州地区に嫁いで行きました。























紅タブ樹齢300年の輪切り特大のご注文です。























ネットでのご注文で、特殊な用途に使われるらしく高さ40センチ、直径60センチの特大輪切りです。

両面木口を平面加工し、側面は電気カンナで削ってきれいに加工して納品です。























とても細かい年輪がぎっしりと刻まれています。























木の塊りのようなものですので、とても重く、これもヤマトさんにお願いして発送です。
























関東地区に配送となりました。



当社工場敷地には、色々な変り種の原木を所せましとストックしています。

今回の特殊用途にも即、対応、加工、発送でき、お客様からも喜んでいただけました。
 
| - | trackbacks(0) | 11:12 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# お客様の作品 囲炉裏用座卓 地杉巨木550年
            



お客様製作の囲炉裏用座卓が完成し写真を送っていただきました。























一か月ほど前に地杉巨木550年大節厚盤を原盤でご購入されご自分で製作されました。























素晴らしい出来栄えにびっくりしました。























ご購入された原盤です。

この地杉巨木550年の厚盤はとても人気があります。























お客様が加工から仕上げまですべてご自身でされたようです。























側面もとても丁寧できれいな仕上がりです。























うずくり仕上げにしておられますので木目がぱっちり出ています。























お客様考案の脚材はとてもおしゃれなデザインです。























すべり止めのゴムのラバーを張り付け天板をより安定させてあります。

ワンちゃんも出来栄えの良さに感心の様子!























天板を乗せるだけの仕様ですがとても安定しているとおっしゃっていました。























板巾約1000ミリ 厚さ約100ミリのどっしりとした立派な座卓です。























仕上げはオスモカラー塗装のようで良い色艶が出ています。

とてもきれいな杉赤の色合いです。

























お部屋、フローリングにマッチしたとても素晴らしい囲炉裏用座卓に仕上がっています。



お客様には、完成写真を送っていただきありがとございました。



 
| - | trackbacks(0) | 18:41 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 樹齢500年 隠岐島産伊後の大松 肥松座卓


















樹齢500年 島根隠岐島産 以後の大松の肥松座卓のご注文です。























囲碁、お花を楽しまれるとのことで、中型の座卓の特注オーダーです。

肥松をご希望とのことで、樹齢・色・艶・最高ランクの黒松の肥松を選択されました。























移動が楽な、脚材の上に天板を乗せるタイプです。

ゴムの滑り止めを付けているので、とても安定しています。























側面は丸みを帯びた直線をご希望でしたので、耳付き板に近い感じのアールに仕上げました。























黒松の肥松、独特の飴色で冬目の力強い上杢です。























仕上げ塗装は、植物性自然塗料のオスモカラーです。

自然に優しく、木材に浸み込むタイプで木の呼吸もできるそうです。

関東地区のお客様のもとへ納品となりました。
 
| - | trackbacks(0) | 22:02 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 地杉巨木樹齢550年 上杢大生節 座卓

 
樹齢550年地杉巨木の上杢大生節材、洋室用の座卓のご注文です。



これだけの大生節材は、直径1メートル以上の巨木の最上部でなければ取れない特殊材です。



長期間自然乾燥させた原盤を両面平面加工の後、ご指定のサイズの長さにカットして仕上げ加工します。



両面仕上げ加工と側面の仕上げ加工した後、さらにうずくり仕上げをします。



側面も当社オリジナル加工の立体感のある杢目の仕上げです。



年輪の冬目が浮き上がる手触りの良い仕上げです。



うずくりは中目で仕上げ、さらに細目で再度仕上げて、年輪の冬目の艶を良くします。



植物性の自然塗料のオスモカラー塗装をします。

色合いに深みがでて、とても良い仕上がりになりました。



大生節の周辺は特殊な杢がでて、とても魅力的です。



樹齢550年の巨木材ならではの上杢です。



この550年材はとても人気があり、沢山の板材がありましたが、在庫が少なくなってきました。



今回も製作には日数がかかりましたが、木工は楽しく時間を忘れて加工しました。

まだ倉庫にはチェンソーで半割りに挽き割ったままの、この巨木原木の材が7トンぐらいありますが、そろそろ製材しておかないと在庫がなくなりそうです。


| comments(0) | trackbacks(0) | 21:35 | category: 座卓とテーブルの納品 |
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links