<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 梅雨明けの磯釣り

 

 

 

梅雨が明け天気も安定した先日の磯釣りです。

 

 

時化や悪天候等で、前回の釣行から一ヶ月余りぶりの磯釣りです。

 

 

 

 

 

 

 

日中は気温30度以上の猛暑なので暑さが和らぐ夕方6時半ぐらいからの釣りです。

 

 

 

 

 

 

 

大雨の影響で海水がかなり濁っています。

 

 

 

 

 

 

 

日没まであと1時間半、小三点仕掛けで少し沖合いを流します。

 

 

 

 

 

 

 

マダイの35センチがかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて50センチ余りのマダイです。

 

 

 

 

 

 

 

暗くなってからは足元でフカセ釣りをします。

 

 

イサキ35センチです。

 

 

 

 

 

 

イサキ40センチです。

 

 

 

 

 

 

 

夏の間は日中を避けて涼しい夜釣りがメインとなります。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 11:05 | category: 釣り |
# いちょう 中華まな板

 

 

 

いちょうの中華まな板の特注オーダーです。

 

 

直径45センチ、高さ25センチ。

 

 

 

 

 

 

 

直径40センチ、高さ25センチ。

 

 

 

 

 

 

 

銀杏の輪切りの在庫から適材を選別して加工します。

 

 

 

 

 

 

 

サイズ 直径45センチ 高さ25センチの加工作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレーナーで正確に高さを揃えます。

 

 

 

 

 

 

 

斧で皮を剥ぎ落します。

 

 

けっこう大変で汗が出ます。

 

 

 

 

 

 

外周部、両面、ともにつるつるになるまで手作業で仕上げます。

 

 

 

 

 

 

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイズ 直径40センチ 高さ25センチの加工作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国内でも数少ない銀杏中華まな板の製造直販をしています。

 

 

材木店ならではの豊富な在庫でお客様のご要望に対応できるよう努めています。

 

 

| - | trackbacks(0) | 11:44 | category: 銀杏(いちょう)・榧(かや)のまな板 |
# 護摩焚き用肥松 多種サイズオーダー

 

 

 

護摩焚き用の肥松の様々なサイズでのご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長さ10センチと15センチの2種類のご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手作業で斧で割って作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前は長さ10センチ、奥は15センチです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着火テスト、ライターで着火させるとわずか1〜2秒で火がつきます。

 

 

 

 

 

 

 

流し台に置いても黒煙を上げて燃え続けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

護摩焚き用肥松、長さ13センチ、幅2センチ、厚さ7ミリでのご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

40年近く前に私が伐採した地元海岸の巨木の肥松の薄板です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製材機でご指定サイズに加工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう40年近くなるため板の表面1ミリは脂が揮発しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がりです。

 

 

 

 

 

 

 

長さ20センチの護摩焚き用の肥松のご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

長いと斧で割りにくいので大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

長さ13センチのご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

護摩焚き用肥松、ご指定長さでのご注文が可能です。

 

 

 

ホームページ記載の直通ケイタイにお問合せください。

 

松村木材ホームページ

 

| - | trackbacks(0) | 15:51 | category: - |
# うなぎ屋さんの特大まな板

 

 

 

うなぎ屋さんから銀杏の特大まな板のご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

厚さ10センチの分厚いまな板です。

 

 

 

 

 

 

 

まな板を置く台の製作も依頼されました。

 

 

 

 

 

 

 

特大まな板の材料になる銀杏の盤を選別します。

 

 

 

 

 

 

 

倉庫からリフトで搬出して数年間自然乾燥させた盤を運び出します。

 

 

 

 

 

 

 

手前のカウンター用の盤でまな板を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

ご注文に合わせて長さをカットします。

 

 

 

 

 

 

製材機で両面平面加工の後、プレーナー加工します。

 

 

 

 

 

 

プレーナー加工済み、ここから仕上げ作業にかかります。

 

 

 

 

 

 

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つやつやのピカピカに仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まな板台の材料は、水に強く数十年腐らないアスナロでのご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

 

大半がアスナロの総赤身の材質です。

 

 

 

 

 

 

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

数百キロの荷重をかけても壊れない頑丈なつくりにしました。

 

 

 

 

 

 

 

まな板との接地面には滑り止めのゴムラバーを張り付けています。

 

 

 

 

 

 

 

台の上に特大まな板を置きぐらつき等ないか確認します。

 

 

 

 

 

 

 

ピッタリと吸い付くようにまな板が台に乗りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土用の丑の日まであと1か月、これから大活躍してくれるでしょう!

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 12:09 | category: 銀杏(いちょう)・榧(かや)のまな板 |
# 樹齢360年地杉巨木 テーブル製作

 

 

 

地杉巨木テーブルの製作です。

 

 

 

 

 

 

樹齢360年の地杉で板巾がオモテ面で100センチあります。

 

 

 

 

 

 

 

数年前に原木を製材した時の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脚材は輪切り材の半割りで2丁一組、作ります。

 

 

 

 

 

 

傷んだ白太を電気カンナで剥ぎ取り総赤身の脚材にします。

 

 

 

 

 

 

内側はサンダーで削りきれいにします。

 

 

 

 

 

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

脚材も樹齢300年以上なので良い杢が出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブル天板を仕上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側面の耳の部分を仕上げ表面にうづくりをかけます。

 

 

 

 

 

 

 

完成です。

 

 

 

 

 

 

 

樹齢360年の巨木なので年輪が細かく目立ちの良い天板となりました。

 

 

 

最近では直径100センチを超える樹齢300年以上の地杉は希少となりました。

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 11:14 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 半夜のマダイ釣り、小イワシ接岸

 

 

 

お手軽な地元の磯での夕方6時ごろからの半夜釣りです。

 

 

 

朝から夕方まで仕事をした後の釣りなので少しハードです。

 

 

 

 

 

 

6月に入り日本海はベタ凪が続いています。

 

 

 

 

 

 

湖のように穏やかな海面です。

 

 

 

 

 

 

やっと釣れだしたイサキです。

 

 

 

 

 

 

 

丸々と太っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕暮れから暗くなったころにウキが入りました。

 

 

60センチのマダイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月の頭から小イワシの群れが接岸してきました。

 

 

 

 

 

 

この魚がやって来るとマダイやイサキが釣れ始めます。

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドライトの明かりにたくさんの小イワシが群がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別日の釣果です、40センチ余りのマダイとイサキが釣れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日のベタ凪の半夜釣行です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魚の活性が上がる夕まづめです。

 

 

 

 

 

 

 

65センチのマダイです。

 

 

 

 

 

 

 

途中で瀬に張り付きましたがうまく出てくれました。

 

 

 

 

 

 

 

イサキも卵をもっているのでお腹がパンパンに膨れています。

 

 

 

 

 

 

 

一日工場で作業をした後のハードな半夜釣りで体が悲鳴を上げました。

 

腰廻りが痛くなり湿布やら痛み止めの服用で治療中です。

 

 

 

日本海は数日時化のようなのでしばらく体を休めて次回釣行に備えます。

 

 

| - | trackbacks(0) | 18:08 | category: 釣り |
# 地元産銀杏製材

 

 

 

地元産の銀杏巨木の製材です。

 

 

 

 

 

 

 

末口で直径が85センチぐらいあります。

 

 

 

 

 

 

 

今回は根元を前にして製材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超大型まな板用の巾広の厚盤をとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

源平柾目40センチ巾の板です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二番玉も製材します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長さ40〜100センチのまな板は天井で自然乾燥させます。

 

 

 

天井は風の通りが良く湿気が少ないので自然乾燥には最適です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一枚一枚、製材の日付を入れて管理します。

 

 

 

まな板材も銘木製品と同様に原木の製材日・生産地・樹齢、画像等記録しています。

 

 

| - | trackbacks(0) | 12:37 | category: 原木製材 |
# 半夜のフカセ釣り

 

 

 

半夜のフカセ釣りです。

 

 

 

 

 

 

気温も上がり海も穏やかな日が多くなりました。

 

 

 

 

 

 

夕方から足元狙いでのフカセ釣りです。

 

 

 

 

 

 

晴天のベタ凪でしたが、メバル30センチ一匹のみの釣果でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別日のフカセ釣りです。

 

 

 

 

 

 

 

サシエ、撒き餌ともにオキアミのボイルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

磯では大きめの35センチぐらいのソイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイが一匹だけ釣れました。

 

 

 

例年は6月中ごろからグレやイサキが釣れだします。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 10:19 | category: 釣り |
# 工場、外飼いのビエン

 

 

 

工場で外飼いしているネコのビエンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎朝、工場に出勤すると出迎えてお腹を見せて踊ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場入り口付近で寝転がっていることがあるため、進入する車に轢かれない様に昨日看板を作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうちょっと目立つようにフチに赤い蛍光テープを貼りつけようと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くでたくさんネコを飼っておられる方から趣味の陶芸で作られたエサ入れの陶器をいただきました。

 

 

 

 

 

 

陶器は猫ニキビの防止になり、三つ足で安定して高さも丁度良く作ってあり毎日美味しそうにエサを食べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月に入ってから小さいダニがつくことがあり、ネットで調べて駆除用の薬を投与しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

効果てきめんで一切ダニが寄生しなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木の上で爪とぎをよくします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暖かくなり毎日工場敷地内で元気に遊びまわっています。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 10:16 | category: |
# 銀杏総赤身まな板用、原木製材

 

 

 

樹齢250年の銀杏の巨木の製材です。

 

 

刃あたり水切れが格段に良くカビない、最高品質の総赤身まな板の板材をとります。

 

 

 

 

 

 

直径が100センチあります。

 

 

 

 

 

 

胸高周囲が3.3メートルの巨木です。

 

 

 

 

 

 

 

製材の台車に乗りきらないので原木を元前にして節ありの面をさきに製材します。

 

 

 

 

 

 

 

 

年輪の細かい赤身の張った面が出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

芯に近い柾目の部分です。

 

 

 

 

 

 

 

この部分で、極上の総赤身柾目のまな板が取れます。

 

 

 

 

 

 

 

半分製材したところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総赤身柾目のまな板材です。

 

 

 

 

 

 

 

源平まさめの極上もたくさん取れました。

 

 

 

 

 

 

木味が素晴らしく白太、赤身ともに乾きの早い材で最高。

 

 

目通りが良く葉節も少ない極上の材質でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬場に買い付けていた樹齢200年の銀杏の製材です。

 

 

 

これも総赤身のまな板をとります。

 

 

 

 

 

 

 

赤身の直径が60センチ以上あります。

 

 

これだけ赤身の張った原木はなかなか手に入りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良質の総赤身のまな板材が取れました。

 

 

 

 

 

 

中盤は総赤身の柾目と板目の両方をとりました。

 

 

 

白太と比較して赤身は乾燥に時間がかかるため、じっくりと数年かけて自然乾燥させます。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 11:54 | category: 原木製材 |
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links