<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 肥松置台、ペン用肥松

 

 

 

肥松置台のご注文です。

 

 

伊万里焼の大皿の置台に使用されるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和60年代に地元で伐採、製材した肥松です。

 

 

板巾が60センチあります。

 

 

 

 

 

 

 

仕上げ完了。

 

 

 

 

 

 

 

つるつるのピカピカにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然塗料のオスモカラーを塗って完成です。

 

 

 

 

 

 

 

希少銘木をふんだんに使っておられるお宅に納品となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木軸ペン用の肥松です。

 

 

 

何度もリクエストをいただいたので倉庫奥から出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霜降りの肥松です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

希少な木軸ペンができそうです。

 

 

大阪地区に納品となりました。

 

 

 

| - | - | 17:10 | category: - |
# 銀杏300年製材

 

 

 

銀杏原木の製材です。

 

 

 

 

 

 

 

樹齢300年、これだけ赤身の張った銀杏は稀です。

 

 

究極の高品質まな板がたくさん取れそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤身の柾目が取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社品質ランク最高の五つ星、総赤身柾目のまな板材です。

 

 

 

 

 

 

 

目通り・木味、ともに良い総赤身柾目が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹齢約300年の銀杏原木です。

 

 

 

 

 

 

 

ものすごく年輪が細かい高樹齢の銀杏です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超目細の良質材が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹齢150年クラスの銀杏です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

業務用の特大まな板材が多く取れました。

 

 

| - | - | 16:04 | category: 原木製材 |
# けやきテーブル製作

 

 

 

ケヤキ、小テーブルのオーダーです。

 

 

お客様が美しい木目の天板を希望しておられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天板候補、数点の中から選んでいただきました。

 

 

20年ほど前に製材した奥出雲産の上質ケヤキです。

 

 

 

 

 

 

 

製材の後、プレーナー加工。

 

 

 

 

 

 

 

小さい玉杢が少し出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げ加工。

 

 

 

 

 

 

 

足は板の外側で取ったとも木です。

 

 

 

 

 

 

 

細部まで丁寧に仕上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然塗料のオスモカラー艶消しでさらに見栄えが良くなりました。

 

 

 

 

 

 


床との設置面のキズ防止にフェルトを貼り付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関東地区に納品しました。

 

昨日、納品できお客様から

「写真で見た木材よりもさらに実物は素晴らしいもので満足しています」

とのご連絡いただきました。

 

 

| - | - | 17:50 | category: 座卓とテーブルの納品 |
# 肥松柾目巾広厚盤

 

 

 

黒松巨木の肥松柾目厚盤のご注文です。

 

 

仕上げ加工も依頼されました。

 

 

 

 

 

 

仕上がり厚さ12センチの厚盤です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和時代に私が伐採・製材した黒松巨木の盤です。

 

 

 

 

 

 

 

裏無地の赤身柾目で巾が50センチあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製材してからプレーナーをかけます。

 

 

 

 

 

 

 

製材挽き。

 

 

 

 

 

 

 

プレーナー加工。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げ加工。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肥松なのでかなり重量があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宅配では重量オーバーのため、ヤマト家財便さんに配送をお願いしました。

 

 

 

| - | - | 17:01 | category: - |
# 令和2年 ねこの日

 

 

 

2月22日はネコの日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じーちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にゃんたば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いなり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | - | 17:14 | category: - |
# 黒松の肥松 玄関木台

 

 

 

玄関踏み台に使用する肥松のご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

玄関に黒松の肥松銘木を使用されておられ脂の乗った黒松の肥松のご指定です。

 

 

 

 

 

 

 

昭和時代に私が伐採、製材した黒松の肥松の厚板を倉庫から引っ張り出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

本棚の様に板材が保管できる棚から脚立に上って出しました。

 

 

 

 

 

 

 

まだ沢山の肥松板材が手つかずで残ったままです、この棚両面だけで1トン以上はあります。

 

 

 

 

 

 

 

芯去りで裏面も無節、厚さ15センチ、縦横41センチの肥松盤です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製材機で指定の厚さに製材します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木口も製材機でカットします。

 

 

 

 

 

 

 

脂の強いところは光を透過します。

 

 

 

 

 

 

 

六面全面プレーナー加工した後、仕上げ作業です。

 

 

 

 

 

 

 

仕上げ完了です。

 

 

 

 

 

 

 

さすが島根黒松の肥松、冬目が目太く飴色で力強い年輪です。

 

 

 

 

 

 

 

裏面に滑り止めのゴムラバーを貼りつけて完成です。

 

 

関西方面に納品となりました。

 

 

 

| - | - | 16:14 | category: - |
# 銀杏巨木シャレ木 樹齢350年

 

 

 

銀杏巨木シャレ木の製材です。

 

 

樹齢約350年、

白太がついていた時は末口直径110センチ、元口直径150センチの巨木でした。

 

 

 

 

 

 

 

35年間、野外にて雨ざらし状態のため白太が朽ち果てシャレ木となりました。

 

 

 

 

 

 

 

総赤身のシャレ木です、末口直径が60センチ以上あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製材です。

 

 

 

 

 

 

 

35年間、雨ざらしでも赤身は全く傷んでいません。

 

 

 

 

 

 

 

究極の高品質、総赤身まな板が片っ端から取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

35年間の野外雨ざらしで白太はスポンジ状に朽ち果てていますが、赤身は全く傷んでいません。

 

 

 

 

 

 

 

予想以上に、ものすごい耐久性の総赤身です。

 

 

日本国内すべての木材の中で海水での耐久性は銀杏赤身が一番だそうです。

(某大学研究試験データ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社品質ランク五つ星の銀杏総赤身柾目が取れます。

 

 

 

 

 

 

 

総赤身柾目巾1尺が取れます。

 

 

 

 

 

 

 

半分製材したところで板挽きを木取ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしく状態が良かったので歩留まりがとても良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良質の総赤身柾目のまな板が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残り半分を製材した板挽きの木取りです。

 

 

後半も歩留まり良く、作業がはかどります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巾広の総赤身柾目が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

35年間耐久の素晴らしい究極の高品質銀杏総赤身材です。

 

 

| - | - | 11:48 | category: 原木製材 |
# 護摩焚き用肥松

 

 

 

護摩焚き用、肥松のご注文です。

 

 

長さ11センチの指定です。

 

 

割り箸より少し大きめに小割りしてほしいとのご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

斧で細かく割ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着火テスト、黒炎をあげてよく燃えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

護摩焚き用、長さ20センチの指定です。

 

 

 

 

 

 

 

箸箱ぐらいの大きさに斧で小割してほしいとのご指定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

護摩焚き用、肥松板のご注文です。

 

 

長さ30センチの指定です。

 

 

 

 

 

 

 

和尚さんがご自分で小割りされるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

護摩焚き用、長さ10センチ、幅2センチ、厚さ5ミリ、サイズ指定のご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

40年前の在庫、巨木肥松板を加工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松明用、長さ20センチ、幅5ミリ、厚さ5ミリのサイズ指定です。

 

 

 

 

 

 

 

肥松板を細かく加工して作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40年間自然乾燥させても、ベタ肥は琥珀のように光を透過します。

 

 

 

| - | - | 11:11 | category: 護摩焚き用肥松・松明 |
# 出雲産300年 肥松製材

 

 

 

出雲産樹齢300年以上、黒松の肥松の製材です。

 

 

 

 

 

 

 

主に松明用と木軸ペン用です。

 

 

 

 

 

 

 

肥松の本場出雲でも、これだけ脂のある黒松の肥松は入手不可能に近い超希少材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒョウ柄、霜降りのベタ肥です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かい柄の霜降りです。

 

 

 

 

 

 

 

左の板は木軸ペン用で厚さ22ミリ。

 

中央の板は松明用で厚さ22ミリ。

 

右の板は松明用13ミリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二股付け根の脂だまりです。

 

 

 

 

 

 

 

琥珀のようなベタ肥部分です。

 

 

 

 

 

 

 

二股付け根のベタ肥、サバ杢と入り組んだ金襴杢のミックスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

護摩焚き用の松明板です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サバ杢と金襴杢のミックスの板、3枚取れました。

 

 

厚さは28ミリ。

 

 

 

 

 

 

 

この3枚は、全面ヒビ防止ワレシラズを塗布しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | - | 12:22 | category: 原木製材 |
# 続いて大鯛

 

 

 

海が幾分穏やかになった3日前の釣行です。

 

 

 

 

 

 

 

日没前からスタートです。

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに会った地元グレ釣りの若手スペシャリストと釣り談議で盛り上がり2時間ほど経過。

 

 

 

 

 

 

 

真っ暗な海に漁火とデンケミの赤い光が目立つ中、ウキが消込みアタリがでました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間をかけてゆっくり寄せますが、なかなか浮いてきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

マダイ84センチです。

 

 

 

 

 

 

 

 

前回より体高のないスマートな若いマダイです。

 

 

 

 

 

 

 

ギャラリーはグレ釣師のお兄さんでしたが、アタリから取り込みまで観戦してくれました。

 

 

 

今回も楽しい釣りでした。

 

 

| - | - | 09:12 | category: 釣り |
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links