<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 秋磯シーズンまであと少し

 

 

 

一週間ほど前に磯の半夜釣りに行きました。

 

 

 

 

 

海水温は高く、まだ夏の海です。

 

 

 

 

 

険しい山道を15〜20分かけて歩いて行きます。

 

 

魚がたくさん釣れると帰りは荷物が重くなり、汗だくで山道を歩きます。

 

 

 

 

 

アカミズです。

 

 

 

 

 

旬は過ぎたイサキですが、それでも刺身に塩焼きなど美味しいです。

 

 

 

 

 

チヌも釣れました。

 

 

 

 

 

 

様子見にエギングもしましたが、アオリイカはまだ小さく2ハイだけ釣れました。

 

 

 

 

 

 

今回は高級魚のアカミズがよく釣れました。

 

 

 

 

 

 

 

まだ夏磯ですが、これからだんだんと秋の海になれば魚の活性は上がっていくでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し前の夏の釣果です。

 

 

グレです。

 

 

 

 

 

良型のイサキです。

 

 

 

 

 

 

 

イサキの子供のウリ坊がたくさん釣れました。

 

 

| - | trackbacks(0) | 18:25 | category: 釣り |
# エンジュ瘤

 

 

エンジュの瘤です。

 

 

輪切り、コースター用のエンジュ原木の新材入荷に混じっていました。

 

 

 

 

 

 

 

今までエンジュの原木を数百本買い付けていますが初めての珍品です。

 

 

 

 

 

 

 

幹もついているのでこのままコレクションとして保存の他、製材でスライスしてペン用にも面白いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月15日、売約となりました。

 

 

 

 

 

 

年輪も細かく樹齢は150年です。

 

 

 

 

 

 

芯に後光割れもなく赤身の張った目詰まりの良いエンジュで輪切りとコースター用です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新材なので皮肌もきれいです。

 

 

 

 

 

 

大きいところで皮の傷んでいないコンディションの良い部分は皮付きの輪切りにします。

 

 

 

 

 

 

輪切りの製材作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいなエンジュの輪切りが取れました。

 

 

 

 

 

 

エンジュの輪切りは乾燥過程で外周部にヒビが入る場合があります。

 

 

 

今回は水中乾燥を一週間程度行いヒビが出ないように養生します。

 

| - | trackbacks(0) | 11:50 | category: - |
# 銀杏総赤身まな板 海外発送

 

 

 

海外からの銀杏総赤身まな板の特注オーダーです。

 

 

 

 

 

 

 

今年はこれで4回目の海外発送となります。

 

 

神々のふるさと島根県出雲市から海外に向けてまな板を発送できとてもありがたく思います。

 

 

 

 

 

 

 

銀杏総赤身まな板、同一サイズ13枚のご注文です。

 

 

内1枚は樹齢500年の総赤身まな板のご指定です。

 

 

 

 

 

 

 

銀杏総赤身のまな板立ても20個、10セットのご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

同一サイズのまな板製作のため、自然乾燥させた長さのある板材を木取りして加工します。

 

 

 

 

 

 

 

在庫が少なくなってきた樹齢500年の銀杏総赤身のまな板材です。

 

 

 

 

 

 

 

長さと巾を揃えて、加工作業に入ります。

 

 

板の厚さも全てご指定サイズに仕上がるようにします。

 

 

 

 

 

 

 

これだけの総赤身まな板を揃えるのには通常まな板100枚分に相当する希少材の難易度です。

 

 

 

 

 

 

 

仕上げ作業完了です。

 

 

 

 

 

 

 

つるつるのピカピカになるよう丁寧に丹精込めて作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀杏総赤身のまな板立ても20個、10セット作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梱包作業です。

 

 

まな板は一枚づつプチプチで養生します。

 

 

 

 

 

 

 

箱詰めして発送準備完了です。

 

 

 

今回は船便での発送ですが、前回の航空便の際には段ボール箱に地名等の文字が印刷してあるものはダメだったので印刷部分に念のためガムテープを貼りつけました。

 

 

 

銀杏の総赤身まな板は、刃あたり最高で水切れが格段に良く長年の使用でもカビない、黒ずみしにくい、10年以上使用可能な超高耐久のまな板です。

 

 

 

機能性、実用性、耐久性重視の海外において、いちょう総赤身のまな板の需要が少しづつでも増えていくことはとてもありがたいことです。

 

 

| - | trackbacks(0) | 12:11 | category: 銀杏(いちょう)・榧(かや)のまな板 |
# うなぎ屋さんの特厚まな板

 

 

うなぎ屋さんから銀杏のまな板の特注オーダーをいただきました。

 

 

過去8年間にわたっての当社ブログでのまな板の製造過程や納品事例をご覧になられ、ご注文を依頼されるお客様が増えてきました。

 

 

いちょうと榧のまな板の製造、納品のブログは(現在93件、掲載)こちらで見れます。

 

 

 

 

 

 

今回は超厚板のいちょうのまな板、一枚板です。

 

 

仕上げ寸法の厚さが145ミリと特厚サイズです。

 

 

 

 

 

当社倉庫のたくさんの銀杏の盤類の中から、厚さ150ミリのカウンター材を探します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご指定サイズの取れる最適ないちょう盤を探しました。

 

 

 

 

 

指定長さ1400ミリが取れるよう少し長めの1500ミリにカットします。

 

 

 

 

 

いつものように製材機で両面平面加工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレーナー加工です。

 

 

大きく分厚いまな板のため重量もあり加工も大変です。

 

 

 

 

 

荒仕上げ完了で、ここから手作業で磨き・面取り等の仕上げ作業にかかります。

 

 

 

 

仕上げ作業完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁寧に綺麗に仕上げるよう努めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は関東地区のうなぎ屋さんに納品です。

 

 

大型サイズのまな板は毎回ヤマト家財便さんにお願いしています。

 

 

 

 

 

梱包も全てやってもらえるためとても便利です。

 

 

 

 

 

何重にも頑丈に梱包してもらえ完成品の配送も安心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家具等の配送が専門のため、完成品のまな板も毎回トラブルなく配送してもらっています。

 

 

大型サイズの単品でも配送できとても重宝しています。

 

 

| - | trackbacks(0) | 11:33 | category: 銀杏(いちょう)・榧(かや)のまな板 |
# 護摩焚き 松明用肥松

 

 

護摩焚き用の肥松です。

 

 

 

 

 

脂が多く黒煙を上げてよく燃えます。

 

 

 

 

 

ご指定長さにカットします。

 

お客様が斧で割って細かい木片にして護摩焚きにされるようです。

 

 

 

 

 

厚い角材でも角は光が透過してオレンジ色に見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

護摩焚き用の小さい角材のご注文です。

 

 

 

 

 

ご指定サイズのため、角材をひき割って作ります。

 

 

 

 

 

30年前に製材した地元産の肥松で銘木の床框の角材でした。

 

脂があり過ぎて商品にならないため松明にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指定サイズに加工して出来上がりです。

 

 

 

 

 

 

切れ端で着火テストです。

 

 

炎の先で黒煙が上がるのが、脂が良く乗った肥松のあかしです。

 

 

 

 

 

 

 

 

薄板で細かい木片サイズの護摩焚き用の肥松のご注文です。

 

 

35年ほど前に伐採と製材をした地元産の黒松の巨木です。

 

 

 

 

 

急傾斜の海岸の岩盤の上に生えていて、伐採は海につき落とし海上を船で引っ張って陸揚げしました。

 

 

まさめ巾が45センチもある巨木です。

 

 

 

 

 

 

薄板なので、脂のきつい部分は琥珀のように綺麗なオレンジ色になります。

 

 

 

 

 

35年も前に製材した板でも透けて見えます。

 

 

 

 

 

ご指定サイズの細い板に製材します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長さを揃えカットして完成です。

 

 

 

 

 

 

 

着火テストです。

 

ライターで着火させると、わずか2〜3秒で炎が上がります。

 

 

 

肥松は火の付きが非常によく和風の趣きがある炎なので、護摩焚きには最適なようです。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 10:27 | category: - |
# 銀杏総赤身まな板

 

 

 

銀杏総赤身まな板です。

 

ホームページに52枚商品アップしました。

 

 

 

 

長年の使用でも、カビない・黒ずみしにくい・水切れが特に良い・耐久性抜群の究極の高品質まな板です。

 

 

 

 

 

樹齢200年、直径60センチの銀杏の原木でも赤身がとれるのは中央の黄褐色の部分だけです。

 

 

 

 

 

屋外にて数か月間、雨ざらしにしていても赤身は全くカビがきません。

 

 

 

 

 

この黄褐色の部分のみで作ったまな板が総赤身まな板です。

 

 

 

 

 

何年も自然乾燥させた板を加工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレーナー加工したまな板です。

 

この後、木口をカットして仕上げ加工にかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成です。

 

当社品質ランク4星の板目の総赤身のまな板です。

 

 

 

 

 

今回、一点もの31枚商品アップしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社品質ランク5星、最高峰の柾目総赤身のまな板です。

 

 

今回、一点もの21枚商品アップしました。

 

 

いちょう総赤身まな板の大小様々なサイズとランクの品、合計52枚ホームページにアップしました。

 

 

| - | trackbacks(0) | 18:26 | category: 銀杏(いちょう)・榧(かや)のまな板 |
# 地松巨木巾広板

 

 

地松巾広板の特殊材のネットでのご注文です。

 

 

 

 

 

地松板で長さ100センチで900ミリ巾のとも木の板が3枚です。

 

 

 

 

 

自然乾燥20年の板を倉庫から出しました。

 

 

 

 

 

ちょうど20年前の平成9年1月の厳寒期に地元木材市場で買い付けた1本550万円の松丸太です。

 

 

 

 

 

大きすぎて製材台車に乗らないため大型チェンソーで側面を引き落としてから製材しました。

 

 

 

 

20年前なのでまだ若いです。

 

 

この厚盤は長さ2560ミリ 巾1045ミリ 厚さ200ミリです。

 

 

 

 

 

同材の在庫で桟積みしてある中からご注文に適した板を選別します。

 

 

この原木でとれた板は、写真の倍以上の枚数がありましたがあちらこちらに嫁入りしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きちっと桟積みして20年間自然乾燥させているので大きな反りは出ていません。

 

 

 

 

 

半分にカットするのはもったいない気もしますが、とも木で色合いも揃い立派になるので半分に切ります。

 

 

 

 

 

長さ250センチの両端を外して良い部分のみで100センチを2枚とりました。

 

 

 

 

 

あと1枚は同材のテーブル用の板を使います。

 

 

 

 

 

これも長さ100センチにカットします。

 

 

板巾が985ミリあるのでほとんど正方形です。

 

 

 

 

 

 

この板も反りや狂いがほとんどない良質な材でした。

 

 

 

この原木は厚盤や床地板・板類・床柱・柾目天井板などたくさんの銘木製品がとれた良質材でした。

 

 

| - | trackbacks(0) | 19:40 | category: - |
# まな板特注オーダー 海外&国内

 

 

アメリカ合衆国ニューヨーク州のお寿司屋さんからの特注オーダーです。

 

 

国内では業務用特注まな板のご注文を多くいただいていますが、たまに海外からのご依頼もあります。

 

 

 

 

 

当社最高峰ランク五つ星の日本産本かや総赤身柾目のまな板です。

 

同材の総赤身柾目のまな板立ても同時注文です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

EMS国際スピード郵便(航空便)にて発送です。

 

 

海外発送もはじめは不慣れでしたが、何度も経験するうちに慣れて手軽に感じるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

当社最高峰ランク五つ星のいちょう総赤身柾目です。

 

飲食店様から特注サイズでのご注文です。

 

 

 

 

総赤身柾目では特大サイズの長さ600ミリ 奥行300ミリ 厚さ33ミリです。

 

 

総赤身のまさめ巾で300ミリは高樹齢の巨木でなければ取れない希少材です。

 

 

 

 

 

 

 

同じく当社最高峰ランク五つ星のいちょう総赤身柾目です。

 

 

ホームページ掲載商品、総赤身柾目全品売り切れのためサイズ指定特注にてご注文いただきました。

 

 

 

 

 

銀杏総赤身は特に水切れがよく、長年の使用でもほとんどカビません。

 

簡単なお手入れでも黒ずみしにくく反りも出にくい究極の高品質まな板です。

 

 

 

 

 

 

ご家庭でよく魚を捌かれる方から、銀杏まさめの大型まな板の特注です。

 

 

 

 

 

まさめ極上のまな板を希望され、目通りがよく年輪が均一な最高ランクの品を製作しました。

 

 

 

 

 

 

業者様からのご注文で銀杏大型まな板の特注サイズで2種類、計6枚のオーダーです。

 

 

 

 

 

品質を揃えるため、銀杏の総白木で全て製作しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カドの部分も丁寧に仕上げています。

 

 

 

 

 

 

 

家庭用のまな板で四隅のカドをお客様ご希望の加工でのご注文です。

 

 

 

 

 

ご希望通りに製作できました。

 

 

 

 

 

 

 

大型魚を捌くためのいちょうのまな板の特注です。

 

数ある銀杏の原盤からサイズに適した板を選別し加工します。

 

 

 

 

 

ご指定サイズにカット、手前の原盤を加工します。

 

 

 

 

 

完成です。

 

 

 

まな板原盤を大量保有しており製造直販ですので、色々なサイズ・形状にも対応できるよう努めています。

 

 

特注オーダーのご注文をいただくと迅速に製作しています。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 11:55 | category: 銀杏(いちょう)・榧(かや)のまな板 |
# 隠岐島産黒松樹齢570年 肥松枝製材

 

 

隠岐島産黒松、樹齢570年の肥松枝の木軸ペン用の板です。

 

 

 

 

 

ところどころに金襴杢が出ています。

 

 

 

 

 

お客様のリクエストで前回の肥松金襴杢の丸太の隣りに置いてあった原木のご注文です。

 

 

 

 

 

枝の付け根部分に渦巻き状の金襴杢の模様が出ています。

 

 

 

 

 

特殊な要因で出来る珍しい文様です。

 

 

 

 

 

10年ほど前に買い付けた隠岐島産の黒松ですが、今回年輪を正確に数えたところ樹齢570年でした。

 

今まで当社で製材した黒松の中では、かつて日本一の樹高で国指定母樹林だった隠岐島布施の春日の黒松が560年だったと記憶しているので今回が最高樹齢です。

 

 

 

 

 

この面白そうな大枝の付け根部分を大型チェンソーでカットして製材します。

 

 

 

 

 

さらに大枝をえぐった残りの幹も、深く切れ込んだ部分からチェンソーでカットします。

 

 

 

 

 

大枝から上の短い本体も一部ペン用に製材します。

 

 

 

 

 

大枝の付け根付近は霜降りのような肥松です。

 

 

 

 

 

光にかざすと琥珀のように透き通った黄金色です。

 

 

 

 

 

表皮部分が金襴杢になっている大枝を製材していくと、脂のよく乗った金襴杢が出てきました。

 

 

 

 

 

その他僅かな範囲ですが、ペンブランクが2〜3本とれる特殊な杢も出てきました。

 

 

 

 

 

カメラのフラッシュで撮影すると肥松の脂の乗りと杢がよく分かります。

 

 

 

 

 

脂が乗っていると板の端が光を透過してオレンジ色に見えます。

 

 

 

 

 

大枝付け根の表皮部分の金襴杢も渦巻き状の文様が珍しいので壁掛けにしたり飾られたりと用途があります。

 

 

 

現状のままでも良し、磨いて黄金色にしても良し、好みで加工できます。

 

 

 

 

 

 

 

細かい木片でも、希少な肥松や特殊な杢はペン材料や装飾品の部材など用途があります。

 

 

 

樹齢300年以上の地松の肥松の原木は、もう本当に枯渇してしまい立木がなくなりました。

 

 

当社工場材木置き場にも昭和の時代から取り置きしている肥松原木は数えるほどとなりました。

 

 

| - | trackbacks(0) | 16:31 | category: - |
# うなぎ屋さんの超特大まな板

 

 

土用の丑の日も近づき、うなぎ屋さんから超特大まな板のご注文です。

 

 

 

 

 

 

銀杏のまな板一枚板、長さ2メートル、奥行き450ミリ、厚さ100ミリが2丁のご注文です。

 

 

 

 

 

銀杏の盤類が倉庫の奥までぎっしり積み上げてある中から銀杏のカウンター材を蔵出しします。

 

 

 

 

 

4メートルのカウンター材をカットしてまな板をとります。

 

 

 

 

 

奥行と長さを線引きして2メートルにカットします。

 

 

 

 

 

もう1丁は3メートルのカウンター材をカットします。

 

 

 

 

 

両端を外して中央の良い部分で2メートルをとります。

 

 

 

 

 

両面を平面に製材します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレーナー加工して手作業で仕上げます。

 

 

 

 

 

 

こちらも製材機で平面を出します。

 

 

 

 

 

正確に平面が出ました。

 

 

 

 

 

奥は完成品、手前はプレーナー加工していますが、仕上げ作業前の状態です。

 

 

 

 

 

仕上げ作業済みの完成品です。

 

 

 

 

 

つやつやのすべすべに綺麗に仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プチプチとダンボール紙で養生して納品です。

 

 

 

業務用特注の大型まな板は、そのほとんどがご注文から1〜3日で完成させます。

 

 

 

製造直販で原材料も豊富に取り揃えていますのでお急ぎのご注文にも対応可能です。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 13:11 | category: 銀杏(いちょう)・榧(かや)のまな板 |
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links