<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 護摩用・松明用、肥松

 

 

 

護摩焚き用肥松のご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

長さ20センチ指定での小割りした松明です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長さ12〜13センチ指定での護摩焚き用の肥松です。

 

 

 

 

 

 

 

少し大きめの小割り材のオーダーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光にかざすとオレンジ色に透過します。

 

 

 

 

 

 

 

ブロック状での松明用肥松のご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

肥松のシャレ木です。

 

 

 

 

 

 

ご指定重量に荒割りして納品します。

 

 

 

 

 

 

 

長めと短め2種類の護摩焚き用肥松のオーダーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹齢数百年の老松の中でも特異な土壌、環境によってのみできる肥松は枯渇しました。

 

 

近年、全国の木材市場でも肥松の原木の素材生産はほとんどなく幻の銘木となりつつあります。

 

| - | trackbacks(0) | 20:49 | category: - |
# 特注まな板、銀杏・榧・杉

 

 

 

お寿司屋さんから銀杏の特大まな板のご注文です。

 

 

 

 

 

 

 

長さ1.5メートルのまな板なので、長年自然乾燥させた盤をカットしてとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製材機で両面平面加工しプレーナーにかけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機械加工の後、手作業で最終仕上げをして完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥出雲産樹齢400年の本かや総赤身柾目のまな板、厚さ40ミリ仕様の特注です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高峰、最高ランク五つ星の本かや総赤身柾目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うなぎ屋さんから杉のまな板の特注です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脚は高さ15センチで角の部分が丸み加工を施した特注です。

 

 

 

 

 

 

 

 

様々な特注まな板の製作もしています。

 

 

ホームページのお問い合わせメール、または直通ケイタイにご連絡ください。

 

 

| - | trackbacks(0) | 21:45 | category: 銀杏(いちょう)・榧(かや)のまな板 |
# 銀杏原木4本製材

 

 

 

厳寒期に買い付けた銀杏4本の製材です。

 

 

 

 

 

 

 

銀杏巨木の2番玉です。

 

 

節があるので中盤をとり外側は、なし割りにして柾目どりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柾目のまな板材がたくさん取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

業務用まな板他、家庭用のきれいな材が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白木のまな板材の他、業務用の厚盤が取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

業務用の厚盤の他、柾目・板目のまな板材をとりました。

 

 

 

立てかけたり天井に積み上げたり、年数をかけて自然乾燥させます。

 

 

 

最近は、プラスチックのまな板から自然素材の木のまな板を好まれる方が増えているように感じます。

 

 

| - | trackbacks(0) | 11:30 | category: 原木製材 |
# 3月の石鯛釣り

 

 

 

暖かい日が続き海が凪になりました。

 

 

防波堤の釣りばかりでしたが、やっと今年初の磯釣りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石鯛シーズンにはまだ早い3月ですが待ちきれず釣行です。

 

 

 

 

 

 

 

海が穏やかで気分爽快です。

 

 

 

 

 

 

 

昨年12月に購入し活かしカゴに浸けていたエサのサザエの出番が来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼前に無風ベタ凪になり、魚が釣れそうな雰囲気になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イシダイ61センチです。

 

 

 

 

 

 

 

島根半島の釣りでは、4月は石鯛を釣っていますが3月は初めてです。

 

 

 

 

 

 

 

泳ぐ姿は何度見てもいいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年初の磯釣りは良い釣果に恵まれました。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 12:51 | category: 釣り |
# 春告魚

 

 

 

2週間ぶりの魚釣りです。

 

 

春を告げる魚のひとつ、メバルが良く釣れました。

 

 

 

 

 

 

 

昨晩は月がとても明るく、魚の活性が良かったようです。

 

 

 

 

 

 

 

サイズは23センチから25センチ、一匹だけ30センチが釣れました。

 

 

 

 

 

 

 

潮の変わりばなにチヌの51.5センチが釣れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週は穏やかな釣り日和が2〜3日続きそうです。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 10:57 | category: 釣り |
# 総赤身柾目のまな板

 

 

 

樹齢250年、いちょうの大径木です。

 

 

 

 

 

 

 

両側で巾広厚盤をとり中盤で総赤身柾目をとります。

 

 

 

 

 

 

 

末に節はありますが、とてもきれいな良質材です。

 

 

 

 

 

 

 

ここから板材と盤、2枚とります。

 

 

 

 

 

 

 

ここから中盤を挽き割り、板取りと柾目取りの両方挽きます。

 

 

 

 

 

 

 

板巾90センチあります。

 

 

赤身が張ってこれぐらい巾がないと総赤身柾目のまな板は取れません。

 

 

 

 

 

 

 

中盤の柾目どりの板を木取りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高ランク品質、五つ星のいちょう総赤身柾目のまな板が取れました。

 

 

 

年間で数十本の銀杏原木を製材しますが、滅多に取れない最高峰のまな板です。

 

 

| - | trackbacks(0) | 18:00 | category: 原木製材 |
# 波止の半夜釣り

 

 

 

近場の防波堤から半夜釣りです。

 

 

 

 

 

 

 

時化が多い真冬の日本海でも安全な釣り場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超遠投で沖合のデンキウキにアタリが出るのを待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

マダイ49センチ。

 

 

 

 

 

 

 

別日の釣果でメバル22センチと26センチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メバル29.5センチとマダイ46センチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マダイのタネはありますが大ダイがなかなかあたりません。

 

 

暖冬で穏やかな日が多くなってきたので今月から磯釣りに切り替えます。

 

 

| - | trackbacks(0) | 15:54 | category: 釣り |
# 銀杏巨木製材

 

 

 

銀杏巨木の製材です。

 

 

胸高周囲3.4メートルの巨木です。

 

 

 

 

 

 

 

台車にすべて乗りきらないため片側を大型チェンソーで少し挽き落としてから製材します。

 

 

 

 

 

 

 

重量があるためスムーズに分出しできるよう原木の下の接地面の皮を剥ぎ取って製材します。

 

 

 

 

 

 

 

 

板巾60センチ以上で厚さ18センチの特厚の盤をとります。

 

 

 

特別なサイズのオーダーにも対応できるよう、テーブルのような超特大のまな板も作っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

芯去り、厚さ18センチ裏無地で取れました。

 

 

 

 

 

 

 

木ウラの末で90センチ巾あります。

 

 

 

 

 

 

 

次はテーブルサイズのまな板も取ります。

 

 

 

 

 

 

 

板巾90センチ以上です。

 

 

 

 

 

 

 

手前17センチと18センチの厚盤です。

 

 

 

 

 

 

 

巨木なので盤がたくさん取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

中盤と外側の盤はカットして業務用の大型まな板にします。

 

 

 

 

 

 

 

柾目巾50センチの業務用のまな板材です。

 

 

 

 

 

 

 

90〜100センチ巾の巨大なまな板用ですが、無節なのでテーブルにも使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枝打ち材で歩留りの良い原木でした。

 

 

年月はかかりますが、すべて自然乾燥させます。

 

 

| - | trackbacks(0) | 18:55 | category: 原木製材 |
# ねこの日

 

 

 

2月22日はネコの日です。

 

 

家で3匹と工場で1匹、飼っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

じーちゃん。

 

 

だいぶ年寄りになりましたが、ぼちぼち元気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

にゃんたば。

 

 

長年体調を崩すこともなく、とても飼いやすい猫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

いなり。

 

 

フサフサの毛で抱き心地が良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場で飼っているビエンです。

 

 

 

 

 

 

工場に来てもう1年半ぐらいになります。

 

 

 

 

 

 

 

寒い冬に入る寝床です。

 

 

底面に断熱材を敷いて外周部は敷物で覆い防寒ジャンバーでくるんで暖かくしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

アンモナイトのような形で寝ます。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 12:17 | category: |
# 厳寒期の銀杏原木買い付け

 

 

 

今年も厳寒期の銀杏原木を買い付けました。

 

 

すべて業務用・家庭用のまな板にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀杏の巨木も仕入れました。

 

 

 

 

 

 

 

60〜90センチ巾の厚盤のまな板や柾目巾50センチのまな板をとります。

 

 

 

 

 

 

 

末口でも96センチぐらいあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸高周囲は3.4メートルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の銀杏原木です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通直な銀杏を製材しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期に製材して自然乾燥させると白太は純白のまな板ができます。

 

 

 

海は大時化が続いて釣りに行けないので、製材作業に集中します。

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 10:06 | category: 原木製材 |
記事リスト
プロフィール
Comments
その他
Search this site
Sponsored Links